TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

DogMan下馬出張所 / SHIGETOMO EGASHIRA

たくさんの宝物

August 20, 2012









CIMG0431.JPG

























風が大好きだったNATTYが旅立って1ヶ月が過ぎました。


















R0011094.JPG


























R0010972.JPG





DSCF1661.JPG




DSCF9768.JPG



















































































実はこの3年の闘病中にもたくさんの励ましをいただいていました。





















そしてこの1ヶ月。





















CIMG7651.JPG


























CIMG7657.JPG
























CIMG7806.JPG








CIMG7341.JPG



























































CIMG7823.JPG
























CIMG7891.JPG











































CIMG8099.JPG




CIMG8098.JPG































































































NATTYの旅立ちを知ったお客様から毎日のようにお花が絶えません。

DogManだけでなく下馬のDogMan-iaにもお花を持って来てくださったお客様たちも。


また過去にご来店をいただいていたお客様方やブログを読んでNATTYのことを

知ったプードルの飼主さん、旧いスタッフたちからもお花やメールが届きました。



共に添えられたメッセージカードには、みなさんそれぞれのNATTYとの出会い、

ご自身のプードルとの出会い、DogManとの出会い、犬との生活の素晴らしさ

が綴られ、悲しみよりも多くの感謝の言葉が溢れていました。



ご予約当日にスタッフからそっとご報告をさせてもらったお客様たちは驚かれ

涙されることもありましたが、その後は必ず「NATTYに憧れてこの仔を飼ったんです」

「NATTYを初めて雑誌で見てびっくりしてそのままDogManに電話しました」

「NATTYカット(当時は下馬カットと呼ばれていましたが。笑)にしたくて

DogManへこの仔を連れて行ったんです」「たまたま通りかかったお店でその姿を

見つけて車を停めて・・・思わずNATTYの子供を下さいって駆け込みました」

「HARRYとNATTYがいつも出迎えてくれて、家族で会いにいくのを毎月

楽しみにしていました」・・・とNATTYとのストーリーが次から次へと。



連日、僕らが想像していた以上のNATTYとへの愛情や想いを直接聞かせていただき

「お客様の中の」NATTYの存在の大きさ、看板犬としてとして果たした役割、

そしてNATTYが遺してくれたみなさんの中のたくさんの幸せを新旧スタッフそれぞれが

改めて知らされる機会となりそれぞれが心に感じるものがあったようです。

















DSCF2789.JPG












































ペットショップで売れ残り、サークルをよじ登って上半身から落ちそうに

なりながら長い鼻をピーピーを鳴らして僕のことを見ていたあのクリクリ赤毛の

大きな体のトイプードルが、この10数年でこんなにもたくさんの方に愛されて

みなさんの犬とストーリーと共に存在し、幸せを繫いでくれていたということは

あの日思ってもみなかったことです。






















CIMG7799.JPGのサムネール画像



























CIMG7805.JPGのサムネール画像



























海の方で花火大会があった夜、スタッフたちとNATTYを送る会をCLASKA 

ROOF TOPで行い、OK&CZが朝まで頑張って作ってくれた懐かしい映像と曲で

たくさんの犬たちと過ごしてきたDogManの約15年を振り返りました。

こうして観ると、自分たちが犬というこんなにも素晴らしくとびっきりかわいらしい

生き物に囲まれて毎日仕事をし、彼らとその飼主さんたちの幸せに微力ながらも関わる

ことが出来ている喜びと使命を改めて感じさせられました。



この1ヶ月のお客様からのお言葉と、こうして共に感じた感動はスタッフ全員が

トリミングに向き合うための新たな気持ちというNATTYからのプレゼントのように

思えました。心がすっとする夜でした。




















DSCF2763.jpg




















































DSCF2780.jpg














































お会いできれば直接お礼をさせていただきたいのですが

なかなかお目にかかれていないので感謝の気持ちを伝えさせてください。




みなさんからのNATTYへの愛、

たくさんのお花やメッセージ、

しっかり受け止めさせてもらいました。

本当に本当にありがとうございます。




あのNATTYがいつのまにか僕の犬という枠を超えた存在となり

かけていただいたお言葉のようにみなさんの幸せや何かのきっかけと

なっているとしたらとても光栄に思います。

NATTYがこうしていなくなっても

形を変えてこれだけたくさんの幸せが生まれ続くということを知って

僕にとってまたひとつの宝物となりました。

NATTYも喜んでいるはずです。


















DSCF2352.JPG
























































今回は本当にみなさんの想いとお言葉に励まされ、感動しました。

いただいた沢山のお花の香りにみんな元気をもらいました。

そしてNATTYの大きさを改めて知らされました。

本当にどうもありがとうございました。



みなさんに心から感謝しています。



僕らはまたこれからみなさんとNATTYからのプレゼントを胸に

『トリミングを通して犬とその先にいる飼主さんを幸せに』する仕事ができるよう

益々の努力をしていきたいと思います。














みなさんの犬との幸せが末長く続きますように。




























R0010403.JPG



















































そしてありがとう、NATTY。

























dog bless you.



















CIMG8097.JPG













































































































Profile

江頭重知(エガシラ・シゲトモ)

DogMan / DogMan-ia 代表 ☆ トリマー

1971年長崎県生まれ。ムクムクの雑種犬クマとたわむれ育ち、6才で銀行員の父の転勤により駒沢へ。専門学校在学中に出会った愛犬・ナッティーのアンティークテディベアをイメージした「ナッティーカット」が地元で評判となる。それはのちにプードルの「テディベアカット」として一大ブームに。

フリーとして活動後、1997年世田谷区下馬に《DogMan》オープン。
2003年目黒区のHotel CLASKA 1Fに移転。
「犬を通して人も幸せにしたい」という店名の由来を共に目指してきた信頼する若きスタッフ達にDogManを託し、2008年その原点に戻るべく下馬の旧店舗を《DogMan-ia》として再スタート。
初心忘るべからずな日々。

Calendar

« 2013年3月 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Monthly