TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

EDITOR'S BACK STAGE / NORIAKI MORIGUCHI


韓国では
「バイクが一台売れると、未亡人がひとり増える」というのよ!


……(汗)……様々な警鐘を鳴らされつつも、
33歳にして大型自動2輪免許を取り、
バイクを購入しました(現在納車待ちです)。



そもそもバイカーでもないのにライダーズを着るのはちょっと……、
  とか
結果、メンズカジュアルのインスピレーション先は
「バイク」「ミリタリー」「ワーク」をループしてんなぁ、
  とか
バイクカルチャーを知らないでそのあたりの原稿を書くと
記事が薄っぺらくなってまう
  とか
バリバリの編集者時代に比べて、少し時間ができたし、今がチャンス!
  とか
ああいうむき出しのエンジンはデザイン処理の仕方がすごく参考になる、
  とか
“モロモロの思い”が爆発してやっとこさバイク購入に至りました。



 周りを見渡すと、メンズのファッション業界には
バイク猛者がいっぱいいます。
リサーチしまくると、LEON編集長の前田さんも、ライターの吉田さんも、aniaryの大友さんも、某広告営業の八田さんも、
み〜んな「BMW」のバイク。
どうやらバイク好きは「BMW」に辿り着くようです。


ただ、ワタクシはいまからバイク人生が始まるワケで、
いきなり「BMW」に手を出すと他が乗りたくなくなってしまいそうなので
そこは避けました。
(シートヒーターが付いていたり、荷物が積めたりと便利なようです。)


個人的に希望するイメージは、
ヨーロッパのネイキッドタイプでした。
(エンジンがむき出しのヤツね)
「選んでいるうちが一番楽しい」からこそ
ドゥカティのモンスターやら、
トライアンフのスラクストンやら、
いろいろ試乗し、
絞り込んだ2種。


トライアンフ『スティーブマックイーンエディション』ボンネビル
2012-steve-mcqueen-paint-matt-khaki-green-386x234.jpg
6400286505_ac4a907c5f.jpg
triumph_bonneville_steve_mcqueen21.jpg
393939_3166035953270_1336556582_33361545_1885439096_n.jpg

コレ、まじヤベぇ!!
かっけー!!



男なら、『大脱走』のスティーブ・マックイーンに憧れるものです。
で、あの豪快なジャンプシーンで乗っていた「トロフィーTR6」。
そいつをイメージした1台が、タイミング良く発売されたのです。
さらにくすぐられるのが日本限定65台というところ。
乗ってもカブリ知らずです。
stevemcqueen.jpg


あまりに欲しくて、この存在を誰にも言いませんでした。
だって、雑誌で取り上げらて売れてしまったら悲しすぎる。
でも、バイクはその人が乗って初めて完成するもの。
乗ってみると、ちょっと背筋が伸びて、ハマりませんでした。
だからまだ残り一台、芝のトライアンフにありますよ。


というわけで、結局、別の1台にしました。
続きは今度のブログで。










→ここで買えます!
uid000003_20111215160218dc8ee2a0.jpg
Triumph introduce Steve McQueen Edition motorcycle
¥1,417,500(国内限定65台)
●東京都港区芝3-16-1
tel:03-3451-0457





Profile

EDITOR'S BACK STAGE

森口徳昭(モリグチ・ノリアキ)


いろいろな雑誌編集部に育ててもらいました。
30歳を機にロンドン留学、帰国。
これからはフリーエディター、ライター、スタイリスト、デザイナー、、、
マルチを良しとしない、日本の風潮と闘いつつ、活動していきます。越えろ、タイラー・ブリュレ。


noriaki.moriguchi@gmail.com

Calendar

« 2013年1月 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Monthly