TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

EDITOR'S BACK STAGE / NORIAKI MORIGUCHI

最初の晩餐

January 10, 2013

さて。フィレンツェからミラノへ移動しました。

1/12から始まる2013/14AW MILANO MENS COLLECTIONのため。
今回は、GQ JAPAN編集長、鈴木正文(以後スズキさん、ワタクシのNew上司)と回ります。
GQ JAPAN FASHION EDITORの役得で、
もはやメンズ誌業界全体の父ともいえるスズキさんと5日間もご一緒できることを
幸せに思います。
そして、そのスズキさん、今宵はTOD'Sさんの会食にお呼ばれ。
ワタクシも便乗させて頂きました。


IMG_1625.jpg
会場はTOD'S SPAの上にあるサロン。


主催者は、TOD'Sの経営者でもあり、セリエA・フィオレンティーナの名誉会長である
ディエゴ・デラ・ヴァッレ氏。
まぁ、とにかく凄い人。
そしてその実、茶目ッ気のある、本当に素敵な方。
(“今日”のために、ナポリのマリネッラでタイを“今日”買ってきてくれておりました。(プライベートジェットを飛ばしてでしょうか? ね、茶目っ気があって本当に素敵でしょ!?))


おもてなしのスタイルは、
友達やプレスを一緒に集めて、
お気に入りのシェフを呼んで、
振る舞う。
並ぶポーションは
素材そのものの風味が感じられる、優しい味。
美味しい、かつ優しいんです。


Tod's japanプレスのTさん、Oさんにお薦め頂いて、
口にしたのが1杯の赤ワイン。

なんと「ディエゴさん自身のワイナリーで
“本格的”に作ったモノなのよ。こういう場面でしか登場しないのよ。」だそうです。
その証拠に、彼のお父さんの「ドーリオ」という名前が、ラペルに輝いていました。

IMG_1630.jpg
コレがその赤ワイン。ラベルは撮影しませんでした。なんだかこの場でカメラやiPhoneを出すのは、
マナー違反な気がしまして、あまりきっちり撮影しておらずスイマセン。


写真の右奥に映るのが、
イタリアンVOUGE編集長、フランカ・ソッツァーニ。

多くのファッション関係者がリスペクトしているリーヴィング・レジェンド。
もち、ワタクシも尊敬しているので、
同じ円卓を囲めることが幸せでした。
(ありがとうスズキさん、ありがとうTOD'Sさん。)


で、帰り際に同じコンデナストグループをいいことに、
一緒に写真をとってもらいました。

IMG_1633.jpgIMG_1634.jpgIMG_1635.jpgIMG_1636.jpgIMG_1637.jpg

綺麗です。綺麗ですよ。綺麗です。そして、優しかった。(酔ってたからでしょうか?)



この晩餐が最初で最後にならないように、
エディターとしてコツコツ頑張っていこうと思います。


(なるだけいろいろなつじつまが伝わるように、ブログもまめに更新を目指して。)
マヤ暦の終わりなんてなんのその、
2013年1月1日も太陽は元気に昇り、
我々に新年の清々しい気持ちにさせてくれていますね。

皆様、明けましておめでとうございます。
2013年、開幕ですね。

個人ブログっちゅうもんは、ここで今年の抱負なんぞ
語るものなのでしょうが、









オレにはそんなもの、
ない!




と、意味なく声(つまり級数)を
デカくしてみましたが(格好いいと思い)、
あまり浮かんできません。

なんでしょう、良く成功者から
「5年後どうなっていたいか、10年後どうなっていたいか、
を考えながら動きなさい」。
との助言を頂戴することが多く、それに基づいて行動している、
はず(汗)なので、“2013年という1年”に特別な抱負が浮かんできません。

学生時代みたく
テストで満点取った暁に、あの娘に告る!!みたいな大胆も抱負もないし、
社会人なりたての頃のように
オレはスケザネトモキになる!みたいな目標もありゃしません。


この感情のステージが、大人になった証かはわかりませんが、
ただ粛々と

事後の百策より、事前の一策。
やりたいこと、全部する!
美しくなくては意味がない。
伝わらなきゃ、ゴミと一緒。
お金の流れは清潔に!

など、普段、座右の銘にしているようなことを今年もしたいな、と。


あっ、とはいえ、そういえば、
みんなとともに抱負にしたいことが
ひとつありました。!。


実は森口、GQ Japanのファッションエディターになったのですが、
(これも報告が遅れています。改めていたしますね。)
先日、そのGQ の取材で赤坂の占い師の元へ行ったんです。
((ファッション担当編集なのに色々やってます。人、少ないんで。))


2013年の吉凶を占って頂いたのですが、
5月か6月に大地震が来るかも、だとか、
アメリカがこっそり、日本の2つの大きな財源を狙っている、だとか、
凶なことが多く出ました。ゆえに、
「人々が心がけておく、何か吉なこと、ございませんか?」と尋ねました。

ならば、
「人を褒めることがいいですね。『髪、綺麗ですね』とか、
『そのコート、可愛いですね』とか。何気ない会話をきっかけを
褒めから始めることで新たな絆の始まりになります。」


なるほど。
つまり、人を褒めることで生まれる、小さなコミュニケーション。

一日一膳ならぬ、「一日一褒め」。


僕は今年の抱負を述べるなら、
この「一日一褒め」を心がけて
斉藤和義の曲じゃないけど
優しくなりたい」ですかね。



いや、皆さん、
こんな駄文を呼んでくださって、ほんとありがとうございます。
(↑早速、一褒めのつもり。こんなんじゃ駄目?)

まま、兎にも角にも
2013年、皆さんにヘビー級にハッピーが訪れますように


合掌、と、賀正!

森口徳昭 →→ ヘビー級と巳年をかけました。


Profile

EDITOR'S BACK STAGE

森口徳昭(モリグチ・ノリアキ)


いろいろな雑誌編集部に育ててもらいました。
30歳を機にロンドン留学、帰国。
これからはフリーエディター、ライター、スタイリスト、デザイナー、、、
マルチを良しとしない、日本の風潮と闘いつつ、活動していきます。越えろ、タイラー・ブリュレ。


noriaki.moriguchi@gmail.com

Calendar

« 2013年1月 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Monthly