TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

EDITOR'S BACK STAGE / NORIAKI MORIGUCHI

ロストラゲッジではない。
スーツケースはここにある。
ただ、開かない。
開かないのである。
どうやらこのREMOWA(の「サルサ エクリュ」)。
あらぬことかあらぬタイミングで、ロックした三桁の番号が変わってしまったらしい。
現在ワタクシは、ロンドンのホテルの部屋に到着したところ。
経費削減になると思い、イスタンブール経由で上陸したので、
スーツケースを閉じた東京の自宅から、
24時間が経過している。
きちんとパッキングした
HOMのアンダーウエアも
南イタリア仕立てのスーツも
その他モロモロ
まだスーツケースのなかだ。
さぁ、どうする。どうする。どうしよ。御願いだから開いてくれ。
「YAHOO知恵袋」によると
000〜999までやるしか方法はない、とある。
やってみた。
(約30分 ←ものすごい集中力が必要)
開かない。
じゃあ、とばかりに、999から000まで逆回転でまたやってみた。
開かない。(約25分 ←集中力に加え、ものすごい根気が必要。ああ、親指にタコができそう。。)
バスタブにお湯を溜め、ババンババンバンと浸かりながら、
ババンババンバンとまた3度目の正直とばかりに
000から999まで丁寧にやってみた。
開かない!! かつ疲労困憊!


八方ふさがりゆえ、コンシェルジュに相談することにした。
したらば、下っ端らしき従業員が、ドライバー2つを持ってきた。
壊す気だ。
待て待て待て。
それは、1回目の459を回したあたりで既に考え済みだ。
壊すのは簡単だが、この後の飛行機移動に支障をきたしまくる。
わざと白のスーツケースを選んでいるのは、
汚れを旅の想い出にするためだ。
今まで旅して、いい感じに汚れてきたコイツを、
ここで壊して、捨てて、
新しいスーツケースで......とはできない。
ましてや、ガムテーブでスーツケースに封をして移動、なんてヤツも見たことがない。
だから、メンドクサガリヤのワタクシが、約3000回も
カチカチカチとダイヤルを回したのだ。
人生で初めて、スーツケースにありえんばかりの苛立ちを覚え、
人生で初めて、スーツケースをこてんぱんに蹴っ飛ばしたくなっても、
我慢した。もとい、極力我慢した。


なわけで、壊すことは拒み、
かわりにホテルの近くにあるという鍵屋さんを教えてもらった。


意気は少しだけ揚々と、また重いスーツケースを持ち、
ロンドンの街を歩く。足取りも重い。
鍵屋さんに到着。。。。したが、本日土曜日で閉まっている。
FU○K!!!
そこで、充電が少なくなったiPhoneのGoogle Mapで
「REMOWA SHOP LONDON」と検索。
「global luggage」というショップがヒット。
観光客うじゃうじゃのなか、ガラガラガラとスーツケースをひきずり
徒歩10分かけてそのショップ「global luggage」へ到着。
REMOWAが並んでいる。ここならいけるのでは? という期待は一瞬にして裏切られた。
店長:「無理だ」 の一言。
OMG!!!
ただ、ここなら開けるすべを持っている、と
マリルボーンの「ALBA」というお店を教えてもらった。
遠すぎるので、タクシーを拾い、そのかつてのギャルブランドみたいな名前のショップ「ALBA」へ到着。
なかに、ちょっとだけ怪しげなインド人風店長と、
インド人風少年がいた。
インド人風少年「まかせて!(表情余裕)」
器用にスマートフォンのライトを鍵穴に当てながら、
なんだか盗賊のような仕草で番号を探っている。
音ではなく肉眼で、鍵の開きどころを見破っているようだ。
3分後。
開いた。
すげぇーーーーーーーー!!!!!!!!
チップ払うよ、というと10£(1700円)。
地味に
たけぇーーーーーーーーー!!!!!
とはいえ、開いてよかったです。
みなさんの旅のトラブル解決になれば、と思い書きました。
凄腕のいる「ALBA」
020-7935-3410
136 MARYLEBONE ROAD LONDON
NW1 5PH

Profile

EDITOR'S BACK STAGE

森口徳昭(モリグチ・ノリアキ)


いろいろな雑誌編集部に育ててもらいました。
30歳を機にロンドン留学、帰国。
これからはフリーエディター、ライター、スタイリスト、デザイナー、、、
マルチを良しとしない、日本の風潮と闘いつつ、活動していきます。越えろ、タイラー・ブリュレ。


noriaki.moriguchi@gmail.com

Calendar

« 2014年6月15日 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

Monthly