TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

着物でGO!! / SHIN MOURI

旅館の宿泊は夕食も重要ですが、
やはり、朝食のウエートがとても大きいです。
朝食の良し悪しが、その旅館の印象を大きく変えることが多くありますね!

で、お楽しみの朝食です。

まずテーブルにつくと、この湯葉鍋と野菜・薬味がセットされていました。
豆乳に生湯葉がが入っているお鍋です。
朝ゆば.jpg
あさゆばセット.jpg
湯葉は献上醤油でいただきました。
湯葉と豆乳のからみが美味しくさせています。
朝ゆば皿.jpg
次には、日本の旅館のお膳です。
これですね!
旅館の醍醐味・・・です。
朝セット.jpg
お魚はヤシオ鱒です。
日光の名物だそうです。
朝さかな.jpg
栃木といえば干瓢です。
干瓢の卵とじです。
少し甘くて美味でした。
朝干瓢.jpg
ごはんのお供についてきた、ゆばちりめんが凄く美味しかったです。
お土産があれば欲しかったのですが、残念ながら地域限定だそうで、
売って無かったです。
朝ゆばちちめん.jpg
あとはごはん、野菜たっぷりのお味噌汁、香の物、果物が付きます。
美味しくいただいた朝食でした。

最後に日光下駄を紹介します。
星野リゾートでは、その地に因んだ「ご当地楽」を紹介しています。
日光では日光下駄のが「ご当地楽」です。
日光 界の玄関には"日光下駄"が展示されています。
日光下駄一杯.jpg
他の下駄と何が違うか?と言えば、
木の下駄にわらじが貼り付けてあります。
これは、三代将軍家光が日光詣での際に雪道を下駄で歩くのは
大変だろうと考えられて作られたそうです。
履いてみたら、とっても履きやすく安定感がありましたね。
日光 下駄2足.jpg
日光 界イベントの一つとして
この日光下駄を履いて、スタッフがお客様の前で踊ります。
日光下駄踊り1.jpg
日光 下駄踊り2.jpg
日光 下駄踊り3.jpg
因みに、"下駄ップ"と言うそうです。
下駄を履いて、ジャンプしたり、回転したり、踊れます。
安定感が良いとの証拠です。

今回の「日光 界」は楽しい旅館ライフでした!!

Profile

毛利 愼(モウリ・シン)

外食産業アナリスト/出版プロデューサー
HOTERES(週刊ホテルレストラン)元編集長。
現株式会社オータパブリケイションズ取締役シニアプロデュサー
開運ユニット“モウリとオフク”

1958年大阪生まれ。大学卒業後、広告代理店勤務。店舗プロディース、飲食店経営などを経てホテル・レストラン専門誌出版社・オータパブリケイションズ入社、現在に至る。

2006年よりHOTERES JAPAN(国際ホテルレストランショー)の企画委員会に就任。「サンペレグリノ ワールド50ベストレストラン」日本人投票者選抜、「ブルーベル・シガーサービスコンクール」など審査員など多数参画。HOTERES(週刊ホテルレストラン)の編集長時代に担当した「レストランオーナーが語る、人の心をつかむ禁煙・喫煙・分煙の店舗運営」特集で東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡の計6都市にわたる45名の外食企業経営者のインタビューを掲載。

2010年より「外食産業分煙対策勉強会」を全国で開催し、毎回旬の外食経営者をゲストスピーカーに好評を博している。またホテルコンシェルジュと外食産業を繋ぐ「美食会」も2009年より東京と京都で通算30回以上主宰。ゲストサービスのクオリティ向上に役立つマッチメイキングイベントということで毎回多彩な顔ぶれが参加。

2012年よりハセガワエスティ会長・長谷川卓史とタッグを組み「開運ユニット“モウリとオフク”」を結成。『新しい生き方の在り方』モデルとしてモチベーションアップなどをテーマにビジネスセミナー、講演をする傍ら、レセプション等の出席及びプロデュースでも活躍している。

Calendar

« 2015年5月 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Monthly

Recent Entry