TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

着物でGO!! / SHIN MOURI

星のや竹富島の旅の続きです。

今回は中州シェフのディナーをいただきました。

中州シェフは以前、軽井沢のホテルブレストンコートにいらして、
ボキューズドール国際料理コンクールでも日本代表として9位に
入賞したことがある方です。
1.jpg
家内は前から知っていて、久しぶりの再会を楽しみしていました。

中州シェフとの再会に乾杯という事で、
2.jpg
3.jpg
まずはシャンパンをいただきました。

夜のダイニングのセッティングです。
4.jpg
リゾートホテル!!

では、ディナー!スタート!
5.jpg
Amuseです。
手前はフォアグラのマカロン!
後ろのグラスはまだ、空ですが・・・
7.jpg
8.jpg
サービスの方が鰹とピパーツの香るコンソメを注いでくれます。
9.jpg
どちらも、とても優しい味でした。
素敵なAmuseでした!

今回のディナーのお酒は"お勧めのワインペアリングコース"を選択!
私が5種類、家内が4種類のワインを料理と共に提供されます。
10.jpg
まずは、一杯目のワインは二人とも同じ白ワインをいただきました。

このワインに合わせられたのは、"シソの香りを纏った
車海老とグアバソースモザイク仕立て"
11.jpg
凄く綺麗ですね!
まず、目で見て美味しい一皿です。
フルーツとタンパク質のマリアージュが得意な中州シェフの一品だそうです。

因みに・・・この料理には、若干ハイビスカスが使われているとのことで、
ハイビスカスアレルギーに毛利にはこの料理が提供されました。
12.jpg
同じく車海老が使われているモザイク仕立てで卵のソースに
様々な野菜が合わせられています。
この卵のソースがメチャ!美味かったです!!
また、食べたい~~

次に~毛利にはこのワインが提供されました。
13.jpg
しっかりた白ワインでした。

次の料理が登場!!
14.jpg
"トロカツオの軽いフェメ 甘酸っぱいビーツを添えて"
鰹とビーツの面白い組合せです。
盛り付けも琉球の踊りのような感じで!

で、その次は・・・・
15.jpg
"ミーバイのトランシェと季節の野菜、命草のエミェルション"です。
中州シェフは竹富島で昔から島人の健康を守ってきた、
琉球ハーブである「命草(のちぐさ)」の中から
"アザヌフキ、ウンキョウ、シーシェヌバ、ヌラシヌフキ、ハテェクバ、
マーヤブ、ンガネヌネ"の9種類の「九品薬(くぬしなひる)」を使って
ソースなどに命草キューイジーヌを提供されています。

このスープはまさに命草キューイジーヌな感じです。
色も綺麗で、味わいもとても優しく美味しいスープでした。

ここにパンが登場で、スープと一緒にいただくとさらに美味しくなりましたね!
16.jpg
17.jpg
鉄板のオリーブオイルとバルサミコも!

ここで家内のワインが~~
18.jpg
ワインが美味しく!・・・とても幸せと・・・家内は言っておりました。

次はお魚料理が登場!
19.jpg
"カジキとポワレと貝のレムラード、人参のクーリ添え"
貝をレムラードソースにするの面白いですね!
カジキの味わいとマッチしていて好きな味でした。

ディナーは後半は次回で書きます!
では・・・

Profile

毛利 愼(モウリ・シン)

外食産業アナリスト/出版プロデューサー
HOTERES(週刊ホテルレストラン)元編集長。
現株式会社オータパブリケイションズ取締役シニアプロデュサー
開運ユニット“モウリとオフク”

1958年大阪生まれ。大学卒業後、広告代理店勤務。店舗プロディース、飲食店経営などを経てホテル・レストラン専門誌出版社・オータパブリケイションズ入社、現在に至る。

2006年よりHOTERES JAPAN(国際ホテルレストランショー)の企画委員会に就任。「サンペレグリノ ワールド50ベストレストラン」日本人投票者選抜、「ブルーベル・シガーサービスコンクール」など審査員など多数参画。HOTERES(週刊ホテルレストラン)の編集長時代に担当した「レストランオーナーが語る、人の心をつかむ禁煙・喫煙・分煙の店舗運営」特集で東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡の計6都市にわたる45名の外食企業経営者のインタビューを掲載。

2010年より「外食産業分煙対策勉強会」を全国で開催し、毎回旬の外食経営者をゲストスピーカーに好評を博している。またホテルコンシェルジュと外食産業を繋ぐ「美食会」も2009年より東京と京都で通算30回以上主宰。ゲストサービスのクオリティ向上に役立つマッチメイキングイベントということで毎回多彩な顔ぶれが参加。

2012年よりハセガワエスティ会長・長谷川卓史とタッグを組み「開運ユニット“モウリとオフク”」を結成。『新しい生き方の在り方』モデルとしてモチベーションアップなどをテーマにビジネスセミナー、講演をする傍ら、レセプション等の出席及びプロデュースでも活躍している。

Calendar

« 2016年4月 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Recent Entry