TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

着物でGO!! / SHIN MOURI

次回に続き、星野リゾート界 日光 のレポートです。

今回の訪問の一番の目的は、
2015年が世界文化遺産でもある日光東照宮の400年式年大祭が行われる記念の年で、
日光東照宮の建造物に用いられた7色を贅沢な食材で
彩った「東照七彩ちらし」を会席内に提供する、
「日光東照宮400年式大祭」特別記念会席を頂くことでした。

食事の最初に食前酢(苺とりんご酢)が提供されました。
グラスも素敵です!
りんご酢.jpg

で、次の料理は日光彫の器で提供された、
「湯葉の煮こごり仕立て」です。
うつわ.jpg
日光の名物の湯葉を上手く創作しています。
華やかな料理ですね!
うつわ中身.jpg

で、会席の定番の「八寸」です。
「八寸」はその土地土地の特徴がよくでる料理です。
今回は鱒の木の芽寿司、海老の松風、合鴨ロース、菜の花の利休和え、
そら豆玉寄せ、赤貝とわけぎぬた、五色饅頭が内容です。
八寸.jpg

次が、お椀です。
素敵な蒔絵ですね!
椀.jpg
中は鯛の吉野椀です。
大根の上に鯛、そして鶯采です。
椀中身.jpg

次は、お造りの8種盛りです。
なかなか豪華ですね。
日光サーモンの中にはらっきょうのたまり漬がまかれています。
つくり1.jpg
つくり2.jpg

次は揚げ物です。
山菜の天麩羅に帆立進上の蓑揚げです。
抹茶塩とレモンでいただきました。
揚げ物.jpg

次は蓋物が提供されました。
蓋物.jpg
日光名物の湯葉を使った飛龍頭です。
優雅な一品でした。
蓋物2.jpg

次回も引き続き「日照東照宮400式年大祭」の記念特別会席の
魅力をご紹介します♪

Profile

毛利 愼(モウリ・シン)

外食産業アナリスト/出版プロデューサー
HOTERES(週刊ホテルレストラン)元編集長。
現株式会社オータパブリケイションズ取締役シニアプロデュサー
開運ユニット“モウリとオフク”

1958年大阪生まれ。大学卒業後、広告代理店勤務。店舗プロディース、飲食店経営などを経てホテル・レストラン専門誌出版社・オータパブリケイションズ入社、現在に至る。

2006年よりHOTERES JAPAN(国際ホテルレストランショー)の企画委員会に就任。「サンペレグリノ ワールド50ベストレストラン」日本人投票者選抜、「ブルーベル・シガーサービスコンクール」など審査員など多数参画。HOTERES(週刊ホテルレストラン)の編集長時代に担当した「レストランオーナーが語る、人の心をつかむ禁煙・喫煙・分煙の店舗運営」特集で東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡の計6都市にわたる45名の外食企業経営者のインタビューを掲載。

2010年より「外食産業分煙対策勉強会」を全国で開催し、毎回旬の外食経営者をゲストスピーカーに好評を博している。またホテルコンシェルジュと外食産業を繋ぐ「美食会」も2009年より東京と京都で通算30回以上主宰。ゲストサービスのクオリティ向上に役立つマッチメイキングイベントということで毎回多彩な顔ぶれが参加。

2012年よりハセガワエスティ会長・長谷川卓史とタッグを組み「開運ユニット“モウリとオフク”」を結成。『新しい生き方の在り方』モデルとしてモチベーションアップなどをテーマにビジネスセミナー、講演をする傍ら、レセプション等の出席及びプロデュースでも活躍している。

Calendar

« 2015年4月28日 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Monthly