TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

着物でGO!! / SHIN MOURI

リゾナーレ小浜島で夜は施設内の「DEEP BLUE」というレストランで、
2.jpg
"琉球エレガンス"というペアリングディナーいただきました。
1.jpg
ディナーは18時からのスタートですが、さすが小浜島(沖縄)は
まだ、外は明るかったです。が、
テーブルセッティングがとてもロマンチです。
3.jpg
各自のメニューカードには名前と日付がプリントされています。
4.jpg

まずは、小浜島の夜に乾杯!
5.jpg
スタートのスパークリングワインは「alba bella」です。
スパークリングワインの中に、花酒という与那国島のみで作らている
お酒を少し入れていました。
6.jpg
イタリアと沖縄のコラボレーションからディナーはスタートです。

ディナーがスタート!
最初は"八重山との出会い"と名付られたストゥッツィーノです。
8.jpg
左から車海老のソフトシェルにマンゴーソース。
緑の葉っぱはナスタチウム。
右のグラスは透明のガスパチョ。
石垣島や八重山は車海老の漁場として有名との事!
因みにお皿は琉球石灰石灰岩をスライスして作ったそうです。

この料理に合わせてワインは、
9.jpg
とても綺麗なエチケットですね!
絵に桃が描かれているのは、桃の葉を漬け込んでこのワインを
作っているからだそです。

次は"マグロのタルタルに彩どりを添えて"
10.jpg
本マグロに中トロをタルタルにしたものに、トマト、キュウリ、パプリカを
合わせて彩どりしたものです。

この料理には、この白ワインがペアリングです。
11.jpg
「Pistilo」です。
後ろのブルーボトルは、
12.jpg
ミネラルウォーターです。
お店の名前に合わせてブルーボトル!

さて三品目は、"ホタテのスフォールマート カリフラワーの
カプチーノ仕立て"です。
13.jpg
もちろん、ホタテはメチャ美味しいのですが、このクリームと赤ワインの
組み合わせがとても良かったです!
ペアリングのワインです。
14.jpg
15.jpg

次は"タコとハマナダのパスタ"が登場!
16.jpg
ハマダマというのは表が緑で裏が紫のこの薬用野菜です。
17.jpg
ハマダマは沖縄のあちらこちらに自生しているそので、小浜島や竹富島の
いたるところで見かけました。
また、沖縄はタコも良く取れるらしく、今回、サーブしてくれたソムリエの方も
お休みにはお子さんと一緒にタコ取りに行っているのです。
そんな"タコトハマダマのパスタ"に合わせたワインは、
18.jpg
この白ワインです。
スッキリとした味のワインでした。

次回はディナーの後半を書きます。
では・・・

Profile

毛利 愼(モウリ・シン)

外食産業アナリスト/出版プロデューサー
HOTERES(週刊ホテルレストラン)元編集長。
現株式会社オータパブリケイションズ取締役シニアプロデュサー
開運ユニット“モウリとオフク”

1958年大阪生まれ。大学卒業後、広告代理店勤務。店舗プロディース、飲食店経営などを経てホテル・レストラン専門誌出版社・オータパブリケイションズ入社、現在に至る。

2006年よりHOTERES JAPAN(国際ホテルレストランショー)の企画委員会に就任。「サンペレグリノ ワールド50ベストレストラン」日本人投票者選抜、「ブルーベル・シガーサービスコンクール」など審査員など多数参画。HOTERES(週刊ホテルレストラン)の編集長時代に担当した「レストランオーナーが語る、人の心をつかむ禁煙・喫煙・分煙の店舗運営」特集で東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡の計6都市にわたる45名の外食企業経営者のインタビューを掲載。

2010年より「外食産業分煙対策勉強会」を全国で開催し、毎回旬の外食経営者をゲストスピーカーに好評を博している。またホテルコンシェルジュと外食産業を繋ぐ「美食会」も2009年より東京と京都で通算30回以上主宰。ゲストサービスのクオリティ向上に役立つマッチメイキングイベントということで毎回多彩な顔ぶれが参加。

2012年よりハセガワエスティ会長・長谷川卓史とタッグを組み「開運ユニット“モウリとオフク”」を結成。『新しい生き方の在り方』モデルとしてモチベーションアップなどをテーマにビジネスセミナー、講演をする傍ら、レセプション等の出席及びプロデュースでも活躍している。

Calendar

« 2016年3月15日 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Monthly