TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

着物でGO!! / SHIN MOURI

星のや竹富島の旅の続きです!

ここで、竹富島の事を少し紹介します!

以前から竹富島に行ったら、
ぜひやってみたいと思っていた事が有りました・・・水牛車に乗るです!
1.jpg
今回、乗っちゃいました!
星のやの看板付きの水牛車!!
水牛の三郎(右)はメンズですけど角のお花をつけています!
2.jpg
この水牛車は、日中もたくさん出ていますが、
朝一番は星のや竹富島に宿泊している人専用です。

宿までお迎えのバスも来てくれるので、この時間に乗るのがお勧めですね。
3.jpg

水牛車の乗り場です。
4.jpg
乗り場に着いたら、受付所で予約確認をします。
水牛車に乗る順番は受付順なので・・・一番最初に受付することをお勧めします。
なぜならば・・・水牛車は絶対に一番前に乗るのが楽しいからです。

というこで三郎!レッツゴー!

5.jpg
もちろん私達は一番前の席をゲットしました!
6.jpg
因みに水牛は賢いらしくて、三郎は鞍なんかは自分で
つけることも出来るそうです。
また観光コースは4回通っただけで覚えたと!!
7.jpg
道中、ガイドのおじさんがいろいろと街並みや島の文化を話してくれます。
これは、石垣の上に生えているサボテンを教えてくれているところざます!
三郎は曲がり角も上手に曲がります!

この水牛車のハイライトは、おじさんが三線を出して、島の歌を歌って
くれるところです。
8.jpg
このあとは、水牛車に乗っているお客さまと一緒に歌ったりします。
歌詞は車内にいっぱい貼ってありました。

水牛車のツアーはだいたい30分位です。
9.jpg
三郎!素敵なツアーざましたよ!
ありがと!

竹富島では毎朝、家の前を箒で掃く習慣があるのそうですが、
この朝一番便だと、その掃き目なども見ることが出来るので、
是非、竹富島にこられたら、水牛車ツアーに参加してみてくださいね!

まだまだ、星野や竹富島の旅は続きます・・・

Profile

毛利 愼(モウリ・シン)

外食産業アナリスト/出版プロデューサー
HOTERES(週刊ホテルレストラン)元編集長。
現株式会社オータパブリケイションズ取締役シニアプロデュサー
開運ユニット“モウリとオフク”

1958年大阪生まれ。大学卒業後、広告代理店勤務。店舗プロディース、飲食店経営などを経てホテル・レストラン専門誌出版社・オータパブリケイションズ入社、現在に至る。

2006年よりHOTERES JAPAN(国際ホテルレストランショー)の企画委員会に就任。「サンペレグリノ ワールド50ベストレストラン」日本人投票者選抜、「ブルーベル・シガーサービスコンクール」など審査員など多数参画。HOTERES(週刊ホテルレストラン)の編集長時代に担当した「レストランオーナーが語る、人の心をつかむ禁煙・喫煙・分煙の店舗運営」特集で東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡の計6都市にわたる45名の外食企業経営者のインタビューを掲載。

2010年より「外食産業分煙対策勉強会」を全国で開催し、毎回旬の外食経営者をゲストスピーカーに好評を博している。またホテルコンシェルジュと外食産業を繋ぐ「美食会」も2009年より東京と京都で通算30回以上主宰。ゲストサービスのクオリティ向上に役立つマッチメイキングイベントということで毎回多彩な顔ぶれが参加。

2012年よりハセガワエスティ会長・長谷川卓史とタッグを組み「開運ユニット“モウリとオフク”」を結成。『新しい生き方の在り方』モデルとしてモチベーションアップなどをテーマにビジネスセミナー、講演をする傍ら、レセプション等の出席及びプロデュースでも活躍している。

Calendar

« 2016年4月15日 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly