TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

着物でGO!! / SHIN MOURI

星のや竹富島の旅の続きです。

今回は中州シェフのディナーをいただきました。

中州シェフは以前、軽井沢のホテルブレストンコートにいらして、
ボキューズドール国際料理コンクールでも日本代表として9位に
入賞したことがある方です。
1.jpg
家内は前から知っていて、久しぶりの再会を楽しみしていました。

中州シェフとの再会に乾杯という事で、
2.jpg
3.jpg
まずはシャンパンをいただきました。

夜のダイニングのセッティングです。
4.jpg
リゾートホテル!!

では、ディナー!スタート!
5.jpg
Amuseです。
手前はフォアグラのマカロン!
後ろのグラスはまだ、空ですが・・・
7.jpg
8.jpg
サービスの方が鰹とピパーツの香るコンソメを注いでくれます。
9.jpg
どちらも、とても優しい味でした。
素敵なAmuseでした!

今回のディナーのお酒は"お勧めのワインペアリングコース"を選択!
私が5種類、家内が4種類のワインを料理と共に提供されます。
10.jpg
まずは、一杯目のワインは二人とも同じ白ワインをいただきました。

このワインに合わせられたのは、"シソの香りを纏った
車海老とグアバソースモザイク仕立て"
11.jpg
凄く綺麗ですね!
まず、目で見て美味しい一皿です。
フルーツとタンパク質のマリアージュが得意な中州シェフの一品だそうです。

因みに・・・この料理には、若干ハイビスカスが使われているとのことで、
ハイビスカスアレルギーに毛利にはこの料理が提供されました。
12.jpg
同じく車海老が使われているモザイク仕立てで卵のソースに
様々な野菜が合わせられています。
この卵のソースがメチャ!美味かったです!!
また、食べたい~~

次に~毛利にはこのワインが提供されました。
13.jpg
しっかりた白ワインでした。

次の料理が登場!!
14.jpg
"トロカツオの軽いフェメ 甘酸っぱいビーツを添えて"
鰹とビーツの面白い組合せです。
盛り付けも琉球の踊りのような感じで!

で、その次は・・・・
15.jpg
"ミーバイのトランシェと季節の野菜、命草のエミェルション"です。
中州シェフは竹富島で昔から島人の健康を守ってきた、
琉球ハーブである「命草(のちぐさ)」の中から
"アザヌフキ、ウンキョウ、シーシェヌバ、ヌラシヌフキ、ハテェクバ、
マーヤブ、ンガネヌネ"の9種類の「九品薬(くぬしなひる)」を使って
ソースなどに命草キューイジーヌを提供されています。

このスープはまさに命草キューイジーヌな感じです。
色も綺麗で、味わいもとても優しく美味しいスープでした。

ここにパンが登場で、スープと一緒にいただくとさらに美味しくなりましたね!
16.jpg
17.jpg
鉄板のオリーブオイルとバルサミコも!

ここで家内のワインが~~
18.jpg
ワインが美味しく!・・・とても幸せと・・・家内は言っておりました。

次はお魚料理が登場!
19.jpg
"カジキとポワレと貝のレムラード、人参のクーリ添え"
貝をレムラードソースにするの面白いですね!
カジキの味わいとマッチしていて好きな味でした。

ディナーは後半は次回で書きます!
では・・・

星のや竹富島の旅の続きです!

ここで、竹富島の事を少し紹介します!

以前から竹富島に行ったら、
ぜひやってみたいと思っていた事が有りました・・・水牛車に乗るです!
1.jpg
今回、乗っちゃいました!
星のやの看板付きの水牛車!!
水牛の三郎(右)はメンズですけど角のお花をつけています!
2.jpg
この水牛車は、日中もたくさん出ていますが、
朝一番は星のや竹富島に宿泊している人専用です。

宿までお迎えのバスも来てくれるので、この時間に乗るのがお勧めですね。
3.jpg

水牛車の乗り場です。
4.jpg
乗り場に着いたら、受付所で予約確認をします。
水牛車に乗る順番は受付順なので・・・一番最初に受付することをお勧めします。
なぜならば・・・水牛車は絶対に一番前に乗るのが楽しいからです。

というこで三郎!レッツゴー!

5.jpg
もちろん私達は一番前の席をゲットしました!
6.jpg
因みに水牛は賢いらしくて、三郎は鞍なんかは自分で
つけることも出来るそうです。
また観光コースは4回通っただけで覚えたと!!
7.jpg
道中、ガイドのおじさんがいろいろと街並みや島の文化を話してくれます。
これは、石垣の上に生えているサボテンを教えてくれているところざます!
三郎は曲がり角も上手に曲がります!

この水牛車のハイライトは、おじさんが三線を出して、島の歌を歌って
くれるところです。
8.jpg
このあとは、水牛車に乗っているお客さまと一緒に歌ったりします。
歌詞は車内にいっぱい貼ってありました。

水牛車のツアーはだいたい30分位です。
9.jpg
三郎!素敵なツアーざましたよ!
ありがと!

竹富島では毎朝、家の前を箒で掃く習慣があるのそうですが、
この朝一番便だと、その掃き目なども見ることが出来るので、
是非、竹富島にこられたら、水牛車ツアーに参加してみてくださいね!

まだまだ、星野や竹富島の旅は続きます・・・

HPs.jpg


GW前夜の4月28日、六本木ヒルズTUSKで


"毛利CHIC NIGHT with Amaranth"

と題してDiscoイベントを開催します!!!

GW前、クラシックディスコで盛り上がってから連休に突入してください!"開運DJ もーちゃん"こと毛利はもちろん、
サポートDJの"DJ
 Prince"、そしてRegine、Jasmine、Makoの"TEAM Amaranth"も皆さまのお越しをお待ちしております!

4/28(木)20:00〜から六本木に大人達が楽しめるDisco TUSKが登場です!

当日はエントランスフリー!ぜひ、"毛利CHIC NIGHT with Amaranth in TUSK"
皆様のお越しをお待ちしてます!!!


---"毛利CHIC NIGHT with Amaranth in TUSK"---
日時 : 2016年4月28日(木) 20:00~Midnight
住所 : 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ ウエストウォーク 1F
最寄り駅 : 東京メトロ 日比谷線「六本木駅」1C出口徒歩0分(コンコースにて直結)
都営地下鉄 大江戸線「六本木駅」3出口徒歩4分
都営地下鉄 大江戸線「麻布十番駅」7出口徒歩5分
東京メトロ南北線「麻布十番駅」4出口徒歩8分
電話番号 : 03-3478-9991 
Admission Free
DJ:開運DJ もーちゃん
:DJ Prince
Special thanks to :Regine、Jasmine and Mako

公式サイト : http://tuskbar.jp/
"沖縄の中の沖縄"と呼ばれる島・・・竹富島!
1.jpg

その竹富島にある"星のや竹富島"に行きました!!
2.jpg
3.jpg
フェリー乗り場から5分ほどで、"星のや竹富島"はあります。
ここが入口です。

ここからもう少しいくと沖縄!といった雰囲気のフロントに着きます。
4.jpg
沖縄の家は、門の向こうに壁が絶対あります。
なぜかと言うと、沖縄では"魔物"とというのが昔から民間信仰の中で
信じられていて、魔物は真っすぐに歩けないという・・・言いつたえから
魔物が家に入ってこられないように風水に基づいて作ってあるそうです。
なので、道も真っすぐには作られていないのが伝統だそうです!

それから家に向かって右側は神様の入口なので、人間は左から入るのが
礼儀だとのことです。

沖縄の伝統や風習は、とても興味深いです。

では、中に入ると、
5.jpg
6.jpg
7.jpg
とても開放的フロントです!

フロントからお部屋には、
8.jpg
南国風の星のやカーで送っていただきます。

星のや竹富島はすべて伝統的な沖縄の家屋になって、

9.jpg
10.jpg
11.jpg
星のや竹富島の建築物は竹富島の建築基準に合わせて建てられて
いるそうです。

私達が泊まったお部屋です。
12.jpg
13.jpg
14.jpg
15.jpg
16.jpg
17.jpg

バスタイム用には星のやハーブ入浴剤が用意されています。
18.jpg
19.jpg
それから星のやオリジナルの月桃バームもあります。

施設内の移動には星のやバックも用意されています。
20.jpg
持ち帰りOKなので、ここ以外でも使えます!

部屋で一休みをしたら、施設内を探索です!
22.jpg
太陽がでたら・・・まさにこんな"沖縄"な感じです!
因みにここはプール沿いの道!
23.jpg
この下に・・・24時間楽しめる加温プールがあります。

そしてその横には「ゆんたくラウンジ」と呼ばれるラウンジが♪
24.jpg
その横には日向ぼっこでいるソファもあります。
25.jpg

「ゆんたくラウンジ」ではコーヒーを飲んだり、色々なイベントが行われて
いるので、それに参加してみたり♪
26.jpg
普段はソファとして使っていいこちらは夕方になると島唄コンサートの
ステージになります!

あと、施設内にある展望台から「星のや竹富島」と一望しました。
27.jpg
28.jpg
29.jpg
30.jpg
31.jpg
沖縄の原風景という感じですよね~~(^^♪

また、この展望台の横から、直接、アイヤル浜という海岸へも行くことが
できるんので、ちょい!お散歩へ・・・
32.jpg

途中でリュウキュウアサギマダラという蝶々が!
33.jpg
ブルーな色がとても綺麗でした!

そして海岸が登場!
34.jpg
35.jpg
超キレイな海岸ですね!

泳ぐには少し季節が早かったのですが、足をつけるくらいなら、
冷たいというよりも、気持ちが良い!といった日和です。
37.jpg
毛利です!

帰りは行きとは別のルートで・・・お部屋まで帰ります。
41.jpg
42.jpg
43.jpg
星のやカーで・・・楽しく!!

竹富島は一周約9キロという小さな島ですが、そこには大きな魅了が
たくさん詰め込まれていました。

次回以降はそんな竹富島で体験した竹富文化のあれこれを書きます!
では・・・
超有名店の「肉山」に初登山してきました。
因みにグルメの間では店名の「肉山」にかけて、
初めてお店に行った時にことを初登山と呼びます。

実は社長の光山さんとは以前、バルバッコのイベント知り合ってから、
一緒にサシで飲む仲になっていたのですが、なかなかスケジュールが合わなくて、
肉山には行けてなかったのです。

では初登山の様子を・・・
に1.jpg
光山社長です。
毛利は初めて・・・会った時から、「みっちゃん」と呼んでおります。

肉山は吉祥寺にあります。
に2.jpg
看板です!肉山2929!
横にある西原理恵子さんのイラストがお出迎えしてくれます。

では、肉山本願寺に突入します!
に3.jpg
このお守りは、あの有名な時計メーカーのフランク三浦作なのです!
みっちゃんが着ているTシャツもフランク三浦です。

まず、席にはこのセットが用意されています。
に4.jpg
手前は左から肉山ソース、柚子胡椒、薬念、甘味噌。
肉山ソースはテイクアウトで購入も可能です。

ということで、肉山初登山に乾杯!
に5.jpg

まずはパテが登場!
に6.jpg
このままいただくのもよし、このように・・・
に7.jpg
肉山ソースをつけていただくもよし!

それから焼き野菜のレンコンが出てきました。
に8.jpg
このレンコン・・・皮付きで本当に美味しかった!!

それから~
に9.jpg
牛肉のソーセージ!
おそらく人生初めての牛肉ソーセージをいただきました。
軽やかな味でした!!

ここで、ビールは終了!
ワインをボトルで注文!
に11.jpg
に10.jpg
因みにこのワインのエチケットもグラス文字も光山画伯作です。
なんかメチャ可愛いですね!

ここに焼き野菜のアスパラが登場!
に12.jpg
写真でも分かりますが、とても良いアスパラでした!

ここからはみっちゃんが肉を焼いてくれます。
に14.jpg
さすが・・・みっちゃん!
完璧なカメラ目線(笑)

ということで、最初のお肉2929!
に15.jpg
GOODな焼き加減!

次は、
に16.jpg
毛利大好きな牛カツざます!
この肉の厚さ、揚げ具合・・・最高です!

なんて、美味しくいただていたら、豚肉登場!
に17.jpg
これもまたいい豚肉です!
味わいが深いし、とても清廉な感じを受ける豚肉でした。

次に出てきたのは・・・
に18.jpg
みずみずしいキュウリが登場!
これメチャ美味しくて。。。
もう一本ちょうだい的な気持ちになりました!!
途中に酵素が多い食材がでてくるのはとても嬉しことですね!

そして、キュウリで胃袋を整えたら、また2929!2929!
に19.jpg
馬肉です!
馬肉をこのよう調理されたものをいただくのは初めてですが、
しっかり野生の味がしました。

それから~蝦夷鹿が登場!
に20.jpg
こちらは、しっかりとジビエな感じです。
馬肉とはかなり食感がちがいますね!

そして〆のお肉は・・・
に21.jpg
肉ももだったと思います。
とてもジューシーなお肉でした。
セットされてた薬味を食させていただきました。

で、肉山で有名な〆のごはんです。
カレーと卵掛けごはんの2種類あるので、
私がカレー、家内が卵掛けごはんを注文!
に22.jpg
このカレーは、このカレーだけでお店が出せるくらい美味しいです。
に23.jpg
卵掛けごはんもただのTKGでは無いのです。
隠し味が。。。でも、それは内緒。。。
行かれた時のお楽しみに・・・

最後に肉バッチをいただき、コースは終了です。
に24.jpg
大変大変おいしゅうございましたばい!!

肉山は3か月先まで予約が取れない、超人気店ですが、
今回の初登山でそれが良く分かりました!
食材の良さ、調理方法、サービスが全てコスパを上回る満足感です。、
でも肉山には、それを超えた"何か"があります。
それを見つけにくる価値があるお店です!!

肉山毛利DSC09858.jpg
2929!毛利&みっちゃん!
また。。行きます!!

Profile

毛利 愼(モウリ・シン)

外食産業アナリスト/出版プロデューサー
HOTERES(週刊ホテルレストラン)元編集長。
現株式会社オータパブリケイションズ取締役シニアプロデュサー
開運ユニット“モウリとオフク”

1958年大阪生まれ。大学卒業後、広告代理店勤務。店舗プロディース、飲食店経営などを経てホテル・レストラン専門誌出版社・オータパブリケイションズ入社、現在に至る。

2006年よりHOTERES JAPAN(国際ホテルレストランショー)の企画委員会に就任。「サンペレグリノ ワールド50ベストレストラン」日本人投票者選抜、「ブルーベル・シガーサービスコンクール」など審査員など多数参画。HOTERES(週刊ホテルレストラン)の編集長時代に担当した「レストランオーナーが語る、人の心をつかむ禁煙・喫煙・分煙の店舗運営」特集で東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡の計6都市にわたる45名の外食企業経営者のインタビューを掲載。

2010年より「外食産業分煙対策勉強会」を全国で開催し、毎回旬の外食経営者をゲストスピーカーに好評を博している。またホテルコンシェルジュと外食産業を繋ぐ「美食会」も2009年より東京と京都で通算30回以上主宰。ゲストサービスのクオリティ向上に役立つマッチメイキングイベントということで毎回多彩な顔ぶれが参加。

2012年よりハセガワエスティ会長・長谷川卓史とタッグを組み「開運ユニット“モウリとオフク”」を結成。『新しい生き方の在り方』モデルとしてモチベーションアップなどをテーマにビジネスセミナー、講演をする傍ら、レセプション等の出席及びプロデュースでも活躍している。

Calendar

« 2016年9月 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Monthly

Recent Entry