TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

24Hours妄撮LIFE / TSUKASA KOBAYASHI

そう言えばこの前明け方
満身創痍でチャンピオンズリーグの決勝
マドリードダービー観てたら

ほんとに20年聴いてるんだけど

青嶋"セリエA"の声ってぜんぜん好きになれないって思ったよ。



高いからってことじゃなくてさ

だって同じ暗いテレ朝の の声もダメ。
この富川って人出てきただけで番組変えますよ。

このくぐもった低音も寒気がする。

6a0120a666368d970c019b027ac416970c.jpg





で、ジエゴ・コスタの肉離れがやはり最後響いたなとか
(ダビド・ルイスもだし、スペイン大丈夫かな)

ベイルってやっぱすごいなとか

カシージャスふつうのおっさんになっちゃったなとか

5.18のあんなすごい試合のあとだとさすがにきついなとか

最後はけっきょくクリロナの裸見せられるのかとか


いろいろあったけど

某英国サッカー誌のツイッターが
MANEY VS PASSION
とつぶやいてたように

アトレチコってほんといいチームでしたよね。



で、このチームの魂は
やっぱりなんといっても監督のシメオネだよなって。

simeone1-500x365.jpg



審判の肩に手をやって
笑いかけたり(これはモウリーニョとだけど、ただの脅迫だよね)

ebf07664-d72c-4523-aae7-6104bbce45bb_n.jpg



怒ったかと思うとにやっとしたり
手を広げて抗議したり
ファウルした相手に拍手したり

とにかく仕草がいちいち芝居がかっててかっこよく

fe60d1f0-s.jpg

309410_heroa.jpg

2087887_w2.jpg

349788_heroa.jpg

182221282_sime.jpg




とくにこのファンをガンガン煽るときの手振りのかっこよさは
もう抱かれてもいいや、と思っちゃうよね。

G20140422008019400_view.jpg



とにかく近年、
こんなに黒シャツ、黒スーツ、黒タイにしびれたことはない。





この男を表紙にしない日本のメンズファッション誌ぜんぶ終わってる


黒スーツ黒シャツと言えば

このチャラいチンピラ軍団がのさばってるこの国が悲しいよ。うえーん。

c4e77a6f.jpg




マトリックスのモーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)にしか見えない
セードルフもそうだし

13-14_milan-verona.jpg


黒シャツ+黒スーツ、来てるんだね。


でもこれから夏だよね。マネするには厳しいね。








そしてもちろんこの日のクライマックスは

試合が決まってしまった終盤、
レアルのDFバランがアトレチコベンチにボールを蹴り込んだとき

一目散にこのフランス人を追いかけピッチに殴り込みをかけた神・シメオネ。

Decima-Simeone-expulsion-1.jpg


いやー、みんなひいてますね。

しびれますね。





ちなみにこの日のシメオネの試合後のコメントは以下の通り。


「悲しさは感じない。自分の目標に達することができなかったことに対するビターな気持ちが残っている」

「レアル・マドリーは後半、より良くなった。我々は全員疲れていたが、相手は少し良くなったね」

「レフェリーは望むとき、試合は終わる。私が言うことはない」

「バラン(文句付けにいったDF)はこれを経験にしてくれるといいね。ここから学べばいい。彼は素晴らしい将来が待っている偉大な選手だ」

先発で起用したものの、9分に交代させたFWジエゴ・コスタについては

「コスタの起用は私が決めた。私が間違えたんだ。昨日見たような良いコンディションではなかった」




これ全部かっこよくないですか。




いま世界一かっこいい男はシメオネ。
これは異論を認めない。







そして全然関係ないけど

同系色のシャツ+スーツでいちばんかっこいい着こなしをいつも見せてくれてたのは
もちろんデビッド・ボウイですよね。


この域にはおそらく到達できずに僕は死ぬでしょう。

BmY2SvhIgAA_9pJ.jpg



来世、がんばるよ。









バルテュスの隣家には

かならず美少女が住んでる。




これはかねがね人生のふしぎのひとつなんだよね。






これはバルテュスと
おぼこな娘から
ナレーションのうしろで淡々と居合い切りをみせる勝新太郎。

バカ息子の顔もふくめてすごくいい。






ところで晩年は(描くのがめんどうくさく)
ひたすら少女のポラをとっていたバルテュス。


生きていて
もっとセンスがポップになってれば
こういうアメアパみたいな写真撮ってたんじゃないかと思う。

BnpD-FhIcAElf8l.jpg










ルカ君、

めっちゃブルースフィーリング溢れてる。














ぼくの入山杏奈ちゃんが狙われ
(「入山杏奈とエミリー・ラタコウスキー」)

06 - 1.png


こういう子はやっぱり男の負の妄想を膨張させるんだな...と思ったら

「誰でもよかった」
「特にAKBのファンではなかった」って

ますますそれなんだよ、なAKB事件。



「会いに行けるアイドルというシステムの崩壊」って

作家の握手会だって
政治家の選挙運動だって
そんなものいっしょでしょ。



僕自身は握手会なんて本質的に恥ずかしすぎて並べもしない腰抜けなので
並んだことはないんだけど

仕事柄握手会はくさるほど見てるし
ミスiDのイベントでスタッフ側としての握手会も経験してるけど

アイドルを追いかける人たちの
なんていうかちょっと心配になるほどのピースフルさは
ほんとうに信じがたくファンタジーのように素晴らしくて

ほとんどの人間が素晴らしくジェントリーです。



ただ、AKBくらいの規模になると
心ない言葉を投げつけたりするバカは当然いて
こればかりは参加人数に比例する...とつくづく思います。

もはやAKBに並ぶ握手会の列は「社会」。

社会にはどこでも魔を持ってる人はいるよね。


握手会=悪
ひいては
アイドル=悪
なんて括り方の構造はいつもいっしょ。

動機やいろいろまだわからないいま

この事件に眠れない夜を過ごした
日本中の女の子たちの胸がこれ以上傷まないよう
いまはただ祈ります。



(現時点で正直思うのはこの事件のことよりも
新曲ラブラトリーなんとかが160万枚も売れてしまうことで
ほんとこの3年くらいのAKBはクソ曲しかない。
こっちのほうがもっと真剣に考えないと
ほんとにAKBなんて誰も見向きもしなくなっちゃうよ)





それにしても
こういう複雑な事件が起きたとき、つくづく
「難問は分割せよ」(byデカルト先生)と思うんだけど

この年になると分割できない問題もいよいよ増えてくる。




そんなとき
またカイリー・ミノーグ

新曲「Crystallize」のPVを公開した。


ガン検診のチャリティープロジェクトのための曲だけど

この同世代で
しかも153cmしかないチビ助のカイリーが
こんなにがんばってるのを見ると


なんだか人生問題山積みだけど

がんばろうと
素直に思えてグッとくるよ。





このクラシック・カイリーなMV
何度も観てる。すごく好き。










Profile

小林司(コバヤシ・ツカサ)

出版社勤務。
2006年、NY帰りの天才フォトグラファーTommy氏と出会い、「妄撮(モーサツ)」と名付けシリーズをスタート。以後「妄撮」をプロデュースしたり(稀にユニットTommy&Kobbyを名乗る)、女の子本を中心に編集したりの日々。

「妄想」シリーズはオムニバスの『妄撮』『妄撮☆Gold』『妄撮Blue』『妄撮chocolate』。ほかに『大堀恵×妄撮』『読モーサツ』『ちび妄撮』『妄撮シールブック』『鈴木凛×妄撮』『FREECELL特別号 アキバ妄撮』『妄撮男子』で、最新刊は『吉木りさ×妄撮 リア充だけがハッピーじゃない』。
「妄撮 for iPhone」は、日、中、韓、香港でエンタメ部 門1位になるも、米アップルにより配信停止中。「妄撮 for Android chapter1」発売中。

妄撮シリーズ以外では『水原希子フォトブック KIKO』『AAA伊藤千晃 cherche』『二階堂ふみフォトブック 進級できるかな。』『杉原杏璃 30 vole de kyaa』などを編集。

ほかに今年から新しい時代にふさわしい個性的な女の子を発掘するオーディション「ミスiD(アイドル)」を開催。第一回めの「ミスiD2013」はグランプリ玉城ティナ(現在ViViモデル)、ほかに大場はるか、夏絵紘実、木下綾菜、塚本那彩、西田藍。

仕事の問い合わせ、このブログに対する感想や疑問、はげましなどは、ts-kobayashi@kodansha.co.jpまでお気軽にどうぞ。twitterは@mosatsu_pでやってます。


Calendar

« 2014年5月27日 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Category