TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

FABULOUS NY / YUMI KOMATSU

花王 愛の劇場2

August 23, 2016



ドア開けたら、ソファでテレビ観てる・・・女がいるのです。
大雪だったから女の家に行ってたかと思ったけど、こっちかよ。まさか早速連れ込むとは。

今思えば、家でやってないってのは嘘で絶対に前から連れ込んでたわね。。。




「こちらはカイラ、こちらはユミ」


ご丁寧にまあ、紹介下さるんですのね。



ec2f3a26178eb5a36e56043a4e2f1430.jpg




目が泳ぎながらハーイって言った後、諸々契約の話をしようと思ったら


まだパッキングしてなかった私の鍋やグラスやら諸々が使われているのを目の当たりにして
はじめて怒りが噴出。



これもー! 

あれもー!! 

それもーー!!!


ア    タ    シ    のだろが!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



砂場でスコップを争う3歳児のごとくコマ毛ブチ切れ。



バスルームだってコマンの歯ブラシやら化粧品やらが普通に置いたままだったけど、
気にならないっすか、そうですか。



「ちょっとアンタ、アタシのクローゼット触ったんじゃないだろね?」



女1「ノーノー。あ、あなた達二人で話合ったほうがいいから、私オイトマします」

コマ毛 心の声(ソウソウ。コノオンナ、バカデハナイナ)




アノ男「待って、帰んなくていいから! アンタ帰れ」



毛「引っ越しの目処が立たないから作業するわ。アンタが一緒に行けば?」



文字にするとなんと殺伐とした会話でしょうか。




結局アノ男はコートを手にリビングで立ち尽くしたまま。薬も効かないのでしょうか。




コマ毛、キッチンで色々と整理しながらブチ切れて

シンクにワイン流す。
「ああーーストップ!!!」

キャビネットで見つけた見知らぬ新品トリュフオイル流す。
「ああーーーーーーーストップ!!!!」

使われたグラスを捨てる
「あーーーーーーーーー投げないで!!!!!」


いや投げるなら包丁だから。



毛「で、あのブスは料理するんか?」


アノ男「いや、全然料理できなかった」


・・・・お前も料理しないくせに洒落こんでトリュフオイル買ったのか。
くっ 悔しい!



シンクから放たれるトリュフの強烈な香り。
トリュフってあまりに使いすぎると、とっても下品な香りになるのね。
キッチンがお下品な香りに包まれ、情けなさが漂う。



「なんで、女を探そうって思い立ってあんなの選んだの?なにかスペシャルなとこあんの?」



「・・・優しいから」



「She is just kindってバカ? 世間の人だいたい優しいから。
 あんなのと一緒にいてもアンタがダサく見えるだけだけど」



コマンがブスで意地悪というのは棚に上げまくり。
いやね、これがカワイイ子だったら完膚なきまでに打ちのめされたのだろうけど、
まったく印象に残らないただの白人女性だったのよ。
ブス呼ばわりしたのは同族嫌悪ってことよ。ブスほどブスって言葉使うからね。




・・・いやでも、あたしよりブスだったわよ。あれは。
◯イト・スペードのポシェットとか喜々として持っちゃうタイプよ。




相手がブスだった方がショックじゃない? っていう意見もあったけれど、
あたし以上に自意識過剰なアノ男がイモくさいのを選んだって長続きするわけもなく、
コマお得意のイヤ汁目線を取り戻すことができるわけです。
実際に後日「あの子は背が低すぎる」という理由(だけじゃないだろうけど)ですぐ別れてるからね。




それからリビングのiPad開けたら Safariのページがジェシカ・シンプソンの靴のサイト。
田舎のティーンかよ。



「オーマイガーーーーーーーーーーーーーーーダ★サ★イ!!!!」


d0204668_1091063.jpg

この時のコマコ高笑いの図。




こんなところで靴を買うなんて、そうね優しい子だわ。いい子だわ。。。



「・・・必ず作業の時間を取るから、お願いだからもう今日は帰って」




「本当に優しい人は人を傷つけないけど、
 それってどうやったら何を言ったら人が一番傷つくか知ってるわけ。
 あたし、あの手この手であんたを苦しめることができてしまうのよねえ。
 こんなリスペクトのない仕打ちをされて、それでもベストフレンドでいろって? 無理よねえ」




「・・・アイ アム ソーリー」



「なんでそれを最初に言わないのよ」




鼻息フガフガのコマ毛ですが、引き上げる際、ロビーにいるドアマンにはしおらしく
「浮気されたから私もうここ出てくの。。。。」
さめざめと事の顛末を触れ込むことを忘れない。


「Oh really?(っていいながら野次馬の目)
 キミもてっきり家にいるんだと思ってて、あの子はキミらの友達だと思ってたよ。
 イヤーまさか信じられないな・・・・オーノー オーノー・・・で? ニヤニヤ」

次に戻ったときは別のドアマンやらハンディマンたちも皆知っててハグしてくれたんですから、
皆でやいのやいの楽しんでもらえたのでしょう。
そのうちの一人なんて
「ヤングレディと一緒だったからキミ宛の郵便物を彼に渡せなくってね」
とイラっとする余計な情報もぶっ込んでくるあたり完全にネタにしてたわね。






でも、このお別れ会が終わりそうで終わらないのです。
どんどんイヤ汁が染み出てくるの。








花王 愛の劇場1

August 19, 2016



1年近く放置しました。
自意識過剰オシャレNY情報は instagramで垂れ流すことにしまして、



こまんげはまだ生きてます。

2015年後半から殺人級の荒波が続き、本当にどうしようかと思いました。




6年半一緒にいたあの男と、とんでもない終わり方がやってきました。



IMG_1572.jpg

魂が喜ぶ石笛CD・・・今を生きる勇気を下さい。




10月 家を飛び出しイチ子邸に転がり込む。
そろそろ戻るかーと思ったら、戻ってこないでいいと言われる。

日本逃避行

すぐにロミオメール。
「死にそうだから戻ってきて。やり直そう」

11月 周りの意見を無視して戻る

12月 ドラ家族クリスマス。皆ハッピーに過ごす。

日本で年越し・お正月

1月 電話で「もっと将来について話しあおう」っていうから

日本で友人がイチオシする占い師に行ってみると


「彼しか見えないですねー。白い犬と子供もひとり。子供とは対等に話す関係性になりますよ」

そうかーそうなのかーと思いつつ、NYに戻ったその日。
食卓で言われたのが











「年越しも正月もひとりで淋しくて怒りさえ湧いてきて、何回かデートに行った。好きになった」













え?



え?



え?



白い犬どこいったーーーーーーーーーー???????






「浮気は最低の男がすることだから絶対にしないって言ってたの、幻?」




「ノーノー浮気じゃない、だっておれたち上手くいってなかったジャン。だから浮気じゃない」



え?



いつも日本に行ってていない。
将来の話をしてくれなかった。
俺はいい家に引っ越していい家具を買って、ふたりの生活のために努力した。
でもでも、キミは人生で一番大事な人間だからベストフレンズでいてくれるよね?




どうした、そのロジック。
あまりに突然だし、あまりに理に適ってなくて、責めることもできなかったわ。



「げ!この家でヤッてた?」


「ノー、ノー、それはない」



さっさと言ってくれてたら、NYに戻ってこなかったし、

ましてや上手くいってなかったて言うなら、家族へのクリスマスギフトに10万もつぎ込まなかったわ。



「出て行かなくてもいいよ、まだわかんないから」



それで、その夜同じベッドで寝てるからね。
なんならずっとレスで名を馳せてきたのに、この夜荒ぶったからね。
この状況で何に発情できるんだろう。
「あーここで断ったらまたすべてアタシのせいになるのか」と思ったら悔しくてやったけど。



もちろんスヤスヤ眠れるはずはなく、そっちでスーピー寝息立ててる男の薄情さたるや、恐ろしく。



で、気になるじゃない。
一体どんな女で、どんなきっかけか。



携帯見たらアタシ狂い死ぬなと思いつつ
隣に横たわる体を乗り越えた先の窓際にある携帯に、いかにして手を伸ばすか?
いやいや、あるいはベッド下から匍匐前進で進んで窓際にアクセス?


月明かりの中ぐるぐるシミュレーションしたわ。
低反発マットレスだから起きても揺れないし、色々試そうとしたわ。
でも結局見なかった。

正直なところ、床を張ってまでしているのがバレたらと想像したらできなかったまでです。
危機的状況においても自意識過剰が勝ってしまったのね。





次の日から、当座の着替えだけもって何も言わずにイチ子の家に。
慌てたのか何度か着信があったけど、そのまま同じ屋根の下で暮らすなんてできるわけもなく。。


眠れなかったし、一気に痩せましたね。
ええだって、トイレが間に合わないくらい、食べては出て行ってしまうんだもの。
それでも容赦なく締め切りはあって、もうどうやって生きてたんだか。


引っ越しのやり取りとか話さなくちゃいけないことがあるのに、それ以来連絡は取れないし。
日中に戻ってはパッキングを進めて。


ようやく話し合いを約束した日。
「やっぱり今日は会えない」
えでも、もう私アパートのビルの中です。












鍵開けて入ったら、いたよね。








o0480064013263690423.jpg

マイク・ケリー

September 18, 2015




GRINDでNYニュース的なページを担当させてもらってます。

H1_1387-1764.jpg
やだ、表紙がかっこいい・・・



今回は、
チェルシーのHauser & Wirthで始まったMike Kelleyの「Kandors」シリーズについて。
スーパーマンの生まれ故郷である仮想都市カンドールがモチーフ。


20070930_mk_kandor_k04_02_KELLE70580-1940x1498.jpg










スーパーマン。

FIG-KAI-4506.jpg



なんだろうこのポーズ。
展示とは関係ございませんよ。







ところでお宅はバスタオル共有派?


家族間でも断固共有しないという強硬派が多くて、


タオルを買うときに、さり気なく店員のオバちゃんに聞いてみたのです。


「バスタオルってシェアする?」

「そんなことするわけないじゃない!!! アタシのタオルはアタシのもの!
 これはルール!! 体の色んな所を拭くのに、他の人とシェアなんて、おーーーヤダ!!!
 幼児だったらまだ許せるけど、自分の子どもだって一緒にしないわよ!!!」

「・・・ですよねーー」





オバちゃんの剣幕に言えなかったっす。













うちはシェアです。

ちょうど顔を拭いたその場所が、「ウッ」という宿六のニオイだったことは多々ありました。






773498.png























さて、ひとりよがりのアップデートです。




f0063659_222821.jpg

IMG_2809.JPG

お馴染み、Cherry Bombeのケリー・ダイアモンドにインタビュー。
日本へのフライトの日に撮影という、強行スケジュールで。
カメラマンはタラ・ドンちゃん。





IMG_3134.jpg

毎度のRGのキャスティングもやって。





7_reference.jpg
ブロスとアペロの記事を書かせていただきました。

No.81.jpg
NYの器とスモールキッチン、
それに「パレオダイエット」について書いています。

IMG_3071.JPG

取材以来、パレオデリ先駆者Hu Kitchenの"マッシュバー"にはまっていまして。
小さなカップで5.95ドルもするのだけど!!!
チアプディングとかヘルシー系のmash(どろどろのもの)にフルーツとかトッピングするもので、
特にタロ芋プディングかカシュークリームに、フルーツやキノアパフ、グラノラがオススメです。
もう丼持参したいくらい。





1269935_o.jpg
ファッションストーリーあり、ガイドページあり。


気心知れすぎてひどい図。
IMG_3224.JPG

IMG_3228.JPG

モデルYUSUKEさんの裸体を目に焼きつけて。





22.jpg
これもスポットページで。






VVCNI7t9mWIAEarLr.jpg


大丸製作所の大丸隆平さんと、ショールムNEWSのステラ石井さんのインタビューを書いています。

Oomaru-(2-of-73).jpg
写真Shino Yanagawa





そして季節労働はまだまだ続きます。







天ぷら まつ井 NY

September 03, 2015



ちょっと前。

かの有名な天ぷら まつ井さんがNYに出店ということで
Hall PRのStevenとAyakoさんに頼み込み、レセプションへ紛れ込む。


NY唯一の天ぷら専門店。
天ぷらの神様とよばれる名匠がいる店。
コマンの家計簿が燃える高級店でございます。





詩乃さんの旦那デショーンと宿六が先についていて、
先にお店に入っておけばいいものを、何やら歯切れが悪い男たち。



「高そうな店で皆スーツ着てる・・・
俺リュックで デショーン短パンだし、
俺らアメリカ人観光客みたいで恥ずかしくて入れない」



たぶんデショーンは気にしてないのに、さり気なくディスって道連れにするズルさ。




ま、確かに店構えからして他にはない気高さがありましたが。

レジデンスビルのたもとにありながら、
扉を開けば、ここは赤坂の料亭ですか?
と思わせる美しい和の建築が施された店内でした。

IMG_3105.jpg

緊張感がほどよくある密室のような空間。
だだっ広く開放的だったら目も泳ぐけれど、
こういうしつらえなら目の前にある食事に集中できるのではないでしょうか。



嗚呼、こんな場所で口説かれたい。









そして火の前に立つ松井氏。
機敏な動きで揚げていく姿が凛々しく、印象的。


定年してゆっくりするところを、「新たなチャレンジ」とNYにかけていらしたそうで、

IMG_3111.jpg




すみません!

すみません!!

明日で人生終われば仕事しなくてすむのになー なんていつも思っててすみません!!







待ちかねた味を、いただきました。
わざわざお水も硬水から軟水に変えて使っているんですって。

天ぷらってこんなに軽かったけ? でも衣に包まれた素材の味は濃い、衝撃でした。



それに、用意されていたお刺身もとにかく絶品だったわ。
胡麻豆腐や角煮といったお料理も。



おいしいから、いっぱい食べたいと思う。
でも、ここは高級店。レセプションもお上品な方々が集っているのよ。





お代わりなんていきませんのよ、はしたない。





そんな空気にも動じない、酒屋生まれの野生児 しの。



「えーーあるんだから食べていいんじゃん! あたしおかわりしてくる!!」



対する、ええかっこしいで人目を人一倍気にする3人。
詩乃さんの発言にオーマイガー・・・と呆れながら、


「じゃあシノ、アレ取ってきて」

「あ、俺もアレ欲しい」

「あとあっちのアレも」



自分は恥をかくまい。
でも、こういう奴がいてくれてよかったとほくそ笑みながら、ごちそう第2ラウンドにありつきました。





IMG_3109.jpg

おみやげもしっかり手に。












ちなみにAyakoさんに紹介してもらったお店は


JUNIに始まり

HERBSあり

Stick with Meあり


南米ブラジリアンレストランBotequim 肉祭り
IMG_1698.jpg


Ganso Yaki

tumblr_nm3us4UpPz1rxdlduo5_1280.jpg


とまあ、たくさん。

Profile

Yumi Komatsu

NYで日本のファッション誌などでライターを務める。最新のおしゃれスポットや流行ものをいち早く紹介。
取材依頼はこちらまで
yumi-komatsu@hotmail.com

Calendar

« 2016年8月 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Monthly