TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

FABULOUS NY / YUMI KOMATSU




数年前からの私達イチコマコの夢が叶ったワ。



来る日も来る日も暇さえあれば、モーニング娘。のMVをYoutubeで網羅。
リゾナントブルーを見て、ほげー。
ガキさんの卒業を見ては泣く。
9、10期のオーディションを見て、舌を巻く。
小田ちゃんのBe Aliveに言葉を失う。




「いつか帰国中にライブ行ってみたいね」

「NYに来ないかしら」




まさかそんな日が来るとは思ってなかったけど、


来ちゃった。



IMG_0893.JPG

IMG_0899.JPG

IMG_0887.JPG

IMG_0881.jpg

IMG_0897.jpg






パフォーマンスはもちろん圧巻なのだけれど、
もー全員のビジュアルが、可愛すぎました。
ファッションモデルには見慣れてるけれど、アイドルのキラキラした可愛さが衝撃で。
皆、なんであんなに髪がツヤツヤなのーー!!


今まで心のなかで応援していたカワイイ女の子たちが、目の前にいて、

しかも

舞台の上から見下ろされるって、たまらないですね。
崇めたくなるものです。



一所懸命踊って歌う、少女のひたむきさを感じさせながらも、
下手クソさも魅力のひとつ、なんて生ぬるいアイドル像とは無縁。
内容はプロとしての完成度が高いこと。
素直に、感動します。





何度、叫んだことか。



イチコも大興奮。

「やっぱり鞘師に目が行くわ」

「小田ちゃん、やっぱ歌うまいわね」

「さゆ、きっれーーね」

汗をかいた譜久ちゃんを見て、

「吉原炎上よ」。



譜久ちゃんのエロさはたまらんね。







ふと、真後ろから











「ズゥゥゥゥゥゥッキーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!」







て悲痛なほどの男の叫び声が。





「え? 今ズッキって言った?」

「え? 後ろの白人男子? まさかズッキ押し?」




カップルで来てた男のほうが、叫んでいました。

会場では、ズッキが一番人気。。。




ヲタおじさんが大好きで、どうにも愛しく感じるのですが、
意外にもオタ率は低く、
(とはいえ、さゆが卒業について語った瞬間、「ぶふぅっ」ってむせび泣いてた人がいたけど)
(安定のぽっちゃり+髪は一本結びオジ外人ファンもいましたが)

普通のそこらにいそうな女子が多かったんですよ。
しかも、みんな日本語で歌ってたしね。感動しちゃう。









あれから2週間近くたつけど、いまだにこの話で盛り上がってます。




ただ残念だったのは、サイリウムを買っていなかったので
ワタシ達のライブ鑑賞のスタイルが非常にぶざまだったこと。
拳を振り上げるわけにも、なんだか空振りだし。ええ、立ちんぼでした。




img_29.jpg


こうならなくっちゃ。





性感だったようです

October 24, 2014



先生あのね。


1年か2年ぶりくらいに、
お気に入りだったチャイナタウンのマッサージ処に行ったんです。
そう、おっさんがアタシの背中に汗をぴちょーーーーんと垂らしながら
もりもり揉んでくれるところ。







エレベーター降りて、店に入った瞬間。


40代の女性たちが床でご飯中。
こまんげを見ても立たない、そのまま食べ続ける。

「はて、こんな店だったかの」

と思いつつ

「ぼでーまっさーじ プリーズ」

と言いますと、




あからさまに面倒くさそうに一人の女性が立って案内してくれたの。
(茶髪にピンクリップなのでそのなかでは垢抜けた部類)



・・・冷たくされると悲しくなっちゃう白ウサギのようなハートのこまこ。





始まると



こまんの肩をやりながら 
「ノーグッ! ノーグッ!!」
No goodで全否定。

頭皮も若干、爪を立てながらぐしゃぐしゃやってくれます。
「トゥーマッチヘア! トゥーマッチヘア!」

その勢いに、なぜかこまんが
「ソ、ソ、ソーリー・・・」と謝る始末。


怒られてばっかりなのか?
とはいえ、悪意を込めた強い力でやってくれたので気持ちはよい。



こまんのパンツを鬼の敵のようにグイッと四方に引っ張り、そしてずり下げ。
あんまり引っ張られるとね、もうお大事ゾーンもこんにちは~ってしてるわけです。
そんな無理にひっぱるなら、いっそ全部脱ぐのに・・・と思うくらい。








そしたら、仰向けになれって言うんです。




はいはい。


顔までやってくれました。極めて乱暴なので肌が若干かわいそうなほど。






これで終わりかと思ったんだけど、


そしたらおばはんの手が














OPPAIの横!





おっぱい! おっぱい!






脇から胸に寄せる、寄せる。





そのうち、おぱい全体をぐるぐると手が・・・!
バストアップマッサージの動きでしょうか。











こっちは目をつぶって受けてるわけですけど、
どーーーーしたって、くすぐったい。

もう自分の口元が変にゆるんでるのがわかるわけです。

「ああ、このブサイクな表情を見下ろして楽しいのか、このババア!」と心のなか。










これが、ハビエル・バルデムみたいなエロい男が揉んでくれてるんなら、
こっちもノリましょう。









しかし、やってるのは中国人のおばはんですから。
不快でしかない。








と思ってるうちに、そこは終わりましたが。





ま、脚の付け根も少々乱暴に触られましたけど。
相変わらずぐいぐいパンツずらされて、パンツの意味をなさなかったけど。





まあ、変な一線は超えずに、ちゃんとマッサージとして終わりました。





クレジットカードのステッカー貼ってあるのに、キャッシュオンリーとかいうので
近くのデリのATMまでお金おろしに行きました。
おばはんと一緒に。
明るいところで見ると、ぎょっとしました。
胸も脚も露出が激しい格好のおばはんです。
もう北千住あたりの熟女サロンにいそうな感じでしょうか。

そんな人に道でキャッシュを渡す、なんてスリリングでしょう。














そんなみやげ話をこさえて、イチコのお家に鍋を食べに行ったら、

こ「あのAllen Stのマッサージにさ・・・」

イチ「あそこ、ハッピーエンディングだったでしょ!!!!」


ハッピーエンディングのマッサージとは、
男性がふぁーっとハッピーなフィニッシュということですね。



イチコも行ったら、
さかんにオバハン共に「ぼでーまっさーじ? ぼでーまっさーじ?」って
言われたらしいんです。頑なに足裏にしたそうですが。



「変なベビードール着たのがいてキツかったわ〜」



お釣りを渡すときにおばちゃんの財布にはぎっしりお札が入ってたそうよ。



IMG_0868.jpg



こまんこまんです。




ここ数ヶ月、あちらこちら飛び回ってたら一気に秋。
毎日、夕陽がキレイです。





温度も下がってきたところで

掛け布団を捨てていたことに気づき、、、




シーツカバー4、5枚重ねてかけてプルプル震えながら寝ております。

普段は裸をシーツで隠して「おはようお寝坊さん」 
なんてことをしている私ですが

できません。












これを見て、友達の彼があたしを思い出したんですって



IMG_0164.JPG


いいとこついてます。
おっぱいこんなに尖ってないけどな。

























IMG_0841.PNG






書き込んだのは知り合いじゃないかと勘ぐってしまいます。














さて




明日はね










ついについについに

















モー娘。NYのコンサートなんだよ!!








イチコとこの日をどれだけ待ったか。
















締め切りがもう燃えさかってるけど










行っちゃう。



Profile

Yumi Komatsu

NYで日本のファッション誌などでライターを務める。最新のおしゃれスポットや流行ものをいち早く紹介。
取材依頼はこちらまで
yumi-komatsu@hotmail.com

Calendar

« 2014年10月 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Monthly