TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

新美術世界 / MAHO KUBOTA

青い憂鬱の果てに

March 03, 2014

久しぶりに真剣に楽しみにしていたアカデミー賞の発表。。。今年はすごい激戦でした。
それでも夜は明ける」の作品賞受賞については「まあ(スティーヴ・マックィーンも)今度こそ間違いないだろう、」と心の中で拍手を送ったけれど、合わせて拍手を送りたいのが主演女優賞、「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェット。

事前情報でも、あの「ゼログラビティ」サンドラ・ブロックの迫真の演技をしのいでケイトが大本命と言われていたけれど実際に決まってみるとああいった「華のない」難しい配役の演技を評価する深さがハリウッドにあるということに映画の門外漢からすると意外な気がしてなんとなく嬉しかった。

「ブルージャスミン」は1月のロンドンからの帰りブリティッシュエアの飛行機の中でみた。。。「華のある」映画ではないけれど、とても重いものを心の中に残したのは確か。

主人公がかつて住んでいた世界は虚構の世界で、個人的にもアートフェアの行く先々で日常的に出会う富豪達の住む世界でもある。そのあたりの妙なリアル感がヒリヒリした感覚を残したある種強烈な映画だった。

以前みた「マッチポイント」  
は後味が悪いものの好きな映画だったけれど、この映画も全体的な完成度はさておき、後味が悪いながら優等生な映画にまとまっておらず、見終わった後の世界が以前の世界と少しだけ違っているように感じさせるところがさすがウッディ・アレン、伊達に50年近く映画を作っていない。。映画を陳腐な寓話にまとめない、真のマイスターですね。

Profile

久保田真帆(クボタ・マホ)

MAHO KUBOTA GALLERY ディレクター。ジュリアン・オピー、安部典子、長島有里枝、ブライアン・アルフレッドほか、国内外のアーティストをリプリゼント。ビジュアルアートの範囲にとどまらず広義のカルチャーシーンとつながるギャラリーを目指しています。アーティストマネジメントのほか、パブリックアートプロジェクトや展覧会企画、コーポレート・コレクションのコンサルティングなど幅広くコンテンポラリーアートに関わる毎日。http://www.mahokubota.com

Calendar

« 2016年2月 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

Monthly