TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

新美術世界 / MAHO KUBOTA

RIMG0382_ss.jpg

上海の「西岸」地区の開発がアートシーンの注目を集めています。
いわゆるバンドから南に下った黄浦江添いの地区に、これからいくつもの大規模なプライベートミュージアムが続々オープンの予定。

RIMG0349_ss.jpg

3月末にまずはLong Museum West Bundがオープンしました。
上海の大コレクター、マダムWang Weiの美術館。
すでにLong Museumのひとつめの美術館は上海にオープンしており、そちらでは主に中国の骨董やプロパガンダ美術のコレクションを展示している様子。

<  ところで、このプロパガンダアートというジャンル、ずっと興味を持って鑑賞しているジャンルです。
もちろんタトリン、マレーヴィッチ、ロトチェンコなどロシアアバンギャルドからはまった口だけど、北京の「北朝鮮美術館」でみた北朝鮮のプロパガンダ絵画も農園や農民の豊穣の土地、などを描いていた興味深かった。。
日本の戦争画もこのジャンルですよね。。東京都国立近代美術館にも多数収蔵されているけれど、見るたびにゾワゾワする。プロパガンダアートが人心に直接的に働きかけ、操作するように描かれているから当然といえばそうなのだけど。>

閑話休題。
上海の西岸地区の美術館ラッシュですが、この後もビッグな個人コレクターのプライベート美術館が続々オープンするとのこと、それにしても中国の現代美術が発展するプロセスって面白い。
近代社会の場合、アーティスト、コレクター、美術館(あるいは展覧会)、ギャラリー(あるいは画商)という各ゲームプレイヤーがそれほど時期をずらさず同時に派生しているのに対し、
中国の場合、アーティスト、オークションハウス、コレクター、ギャラリー、アートフェア、美術館、
という具合にアートコミュニティの中で最後に登場するのが美術館、というのが現実のようです。

RIMG0381_ss.jpgのサムネイル画像

Profile

久保田真帆(クボタ・マホ)

MAHO KUBOTA GALLERY ディレクター。ジュリアン・オピー、安部典子、長島有里枝、ブライアン・アルフレッドほか、国内外のアーティストをリプリゼント。ビジュアルアートの範囲にとどまらず広義のカルチャーシーンとつながるギャラリーを目指しています。アーティストマネジメントのほか、パブリックアートプロジェクトや展覧会企画、コーポレート・コレクションのコンサルティングなど幅広くコンテンポラリーアートに関わる毎日。http://www.mahokubota.com

Calendar

« 2016年2月 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

Monthly