TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

新美術世界 / MAHO KUBOTA

11月公開のジュリアン・オピーのふたつのプロジェクトのお手伝いをさせていただいています。

一つ目は昨日無事完成披露となった「瀬戸の都・高松 石彫トリエンナーレ2015」の公共彫刻の制作設置。高松城前跡をぐるりと囲む玉藻公園と大通りが面する素晴らしい立地にオピーの石の新作彫刻4点が設置されました。

作品は牟礼の和泉屋石材店、庵治美工の職人の皆さんの素晴らしい技術力をたよりに制作しました。
庵治、牟礼には制作の確認で何度も足を運びましたが、なんとも特別な空気を感じる素晴らしい創作の場所です。あのイサムノグチがこの地にアトリエを構え、制作に没頭したのもなんだかよく分かる、光と風と水、そして石に恵まれた土地と感じました。この土地の伝統技術の誇りをもって仕事されている職人の皆さんと仕事させていただくことは忘れがたい貴重な経験となりました。皆さんの忍耐強くも強力なサポートに心から感謝しています。

4点の作品は恒久設置の予定。高松市民の皆さんはもちろんのこと、国内外のアートを愛する旅人の皆さんにも是非見て楽しんでいただきたいと思っています。

tamamo_1_ss.jpg

DSC00765_ss.jpgのサムネイル画像

二つ目のプロジェクトは11/7、8の二日間、特別に公開されるGMOインターネットグループ代表の熊谷正寿氏のコレクションによるジュリアン・オピーの展覧会、『熊谷コレクション 〜オフィスとアートの新しい関係〜 ジュリアン・オピーの世界』
熊谷コレクションより見応えある約30点の作品が、美術館やギャラリーといった非日常の空間でなく、普段のオフィスに展示されている様子を鑑賞できるというこちらもユニークな企画。

少ない要素で最大を表現する、というオピーのスタイルと共通する「アートも経営もシンプルが一番」という熊谷氏のメッセージは、情報の溢れる混沌としたこの世界の中で一層リアリティを感じさせます。
オピーの初公開の新作を含む熊谷コレクション展、こちらも多くの方々に見ていただければ嬉しいです!

_MG_1289n+ のコピー_ss.jpg

Profile

久保田真帆(クボタ・マホ)

MAHO KUBOTA GALLERY ディレクター。ジュリアン・オピー、安部典子、長島有里枝、ブライアン・アルフレッドほか、国内外のアーティストをリプリゼント。ビジュアルアートの範囲にとどまらず広義のカルチャーシーンとつながるギャラリーを目指しています。アーティストマネジメントのほか、パブリックアートプロジェクトや展覧会企画、コーポレート・コレクションのコンサルティングなど幅広くコンテンポラリーアートに関わる毎日。http://www.mahokubota.com

Calendar

« 2016年2月 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

Monthly