TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

新美術世界 / MAHO KUBOTA

ずっと放置で、ホントすまぬ。な状態のブログでしたが、(インスタに全力投球、、、というほどでないけど、もともとデジタルつながりマメでないくせに、そちらに相当エネルギーを使っておりました)せっかくTRANSITさまが気長くも温かい目で見守っていただいている中、唐突ではありますが少し展覧会の紹介をさせてください!

ギャラリーでは現在NY在住のアーティスト、ブライアン・アルフレッドの個展を開催中。ちなみにブライアンはNY在住というよりブルックリン在住と言われた方が嬉しそう、、、ぐらい、ブルックリンってNYを離れて「独立国」なんですかね、今や?

highways_ss.jpg

展覧会はブライアンのシグネチャーともいうべきアニメーション映像作品と、大小のペインティングによる構成。ブライアンのアニメーション作品は日本では現美新幹線でもおなじみなほか、メディア芸術祭でも優秀賞をいただいていたり。アメリカではグッゲンハイムやサンフランシスコ近代美術館のコレクションにもなっていたりします。

brian_2paintings_ss.jpg

展覧会のテーマはテクノガーデンという言葉に象徴されるようにテクノロジーと自然。
相反するように見えながらいずれも私たちの毎日に欠かせない要素です。テクノストレスで頭がもう限界!な時には山に行きたくなるし、逆にずっと自然の中に身をおいていて、東京に帰って首都高を運転しながらビル街の夜景を見ていると不思議にホッとする瞬間もあったり。

codes_2_ss.jpg

この絵などは一瞬抽象絵画?なんて思うけれど実はコンピュータのケーブルだったり。

brushfire_ss.jpg

一方でエドワード・ホッパーやアレックス・カッツといったアメリカペインティングの伝統を感じさせるこんな作品も。

現在と歴史、デジタルとアナログ、テクノロジーと自然。ハッスルとマインドフルネス。そういった要素のバランスの中に生きていることを実感させてくれる展覧会です。青山ー原宿散歩のついでにぜひ足を運んでみてください。

Profile

久保田真帆(クボタ・マホ)

MAHO KUBOTA GALLERY ディレクター。ジュリアン・オピー、安部典子、長島有里枝、ブライアン・アルフレッドほか、国内外のアーティストをリプリゼント。ビジュアルアートの範囲にとどまらず広義のカルチャーシーンとつながるギャラリーを目指しています。アーティストマネジメントのほか、パブリックアートプロジェクトや展覧会企画、コーポレート・コレクションのコンサルティングなど幅広くコンテンポラリーアートに関わる毎日。http://www.mahokubota.com

Calendar

« 2017年9月 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly