TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

  • TRANSITの公式Instagramアカウントへ
  • Contact
  • Twitter
  • facebook
  • ENGLISH WEBSITE

新美術世界 / MAHO KUBOTA

春はライオンのようにやってきて子羊のように去っていく(正しくは「3月は、」)、という言葉があるけれど今年の春はライオンのようにやってきてライオンのままに去っていく、という感じではないだろうか。

明後日にはもう5月というのに春風が吹き荒れている。
キッチンの向こうに窓があり、その向こうには神宮球場が見える。神宮球場のその背後には、実際には結構距離があるのだがホテルニューオータニ旧館の、今ではなんとなく間延びした感がある高層建築が見えている。
神宮球場のスコアボードの上に掲げられた旗が風をはらんで千切れんばかりに揺れていて、遠くから見てもはっきりとしたその旗が日本国旗だということはしばし意識の外だったが、旗の図案の記号性を意識からはずしたままぼんやりと眺めているとふとその簡潔な美しさに心をとらわれていることに気づいた。

カメラにおさめておこうと思い、窓に近づいてみてそれが意味のないことだと気づく。不思議なことだが、目が捉えるこういった光景はカメラで捉えるこができない。

目は遠くの旗を唯一の対象として情報処理(情報処理しているのは脳の方だが)してしまう。
手前のキッチンの様子は情報の中で不要なものとして整理され、遠近感ですら脳の都合のよいように処理され、意識の唯一の対象である旗のみにフォーカスされ、脳の中でしっかりと絵を描き、かろうじて背景であるニューオータニの建物とその背後の春の空が「面色」を作っている。こういった意識の流れの中にある光景を捉えるとしたら映像表現という方法もあるだろうけれど、おそらく絵画という手法が一番状況を伝えるに適した方法なのだろうと思う。前回書いた広重が今の時代にいたとしたらきっとこの光景ですら簡単に描くことができたかもしれない。(実際彼は遠近法と知覚操作についての天才だと思う)

2020年のオリンピックも4年後に近づき、ここ神宮外苑の風景は変わりつつある。今この窓から見える神宮球場も数年のうちはその手前に計画されている22階建の高層マンションのために見ることはできなくなるだろう。この光景を絵画に残しておく技術をもたない私は、せめて今のうちに千切れんばかりのこの旗の姿を折につけて見ておこうと思う。

お正月早々神宮外苑から見る富士山を発見した時の驚きについて書いたのだけれど、今日ニュースを見ていたらなんと今日は外苑からダイヤモンド富士が見えたそう!

そういえば日に日に外苑でカメラを構える人々が増えているのにも気づいていたけれど。

ニュースでコメントしていた方が「昔は東京から富士山が見えるのは当たり前だった」と言っていたけれど、おそらくそうだろうな、と思うのが歌川広重による「名所江戸百景」の中の美しい富士山の光景の数々。

富士_1.jpg

fuji_2.jpg

fuji_3.jpg

江戸時代には江戸の町の日常の営みのすぐ近くに富士山の雄大な姿があったのだと思うとなんだか羨ましい。
現代の東京に生きる私たちはせめて期限付きの都心の平地からの富士山に想いを馳せたい、という感じかな?

外苑からの富士山

January 02, 2016

2016年のスタート、あけましておめでとうございます。

元日の昨日に続き今年すでに二回目の神宮外苑ランニングの途中にふと気がつく、カメラを構える人々の姿。
その先にまさか、の富士山。

国立競技場が更地になっている今だけ見られるであろう奇跡の富士山の姿にしばし立ち止まって見とれてしまいました。

写真では小さいけれど実際に目のあたりにするとかなり堂々としたその姿。
江戸時代にはこんなふうに東京都心の平地から普通に富士山が見える日もあったんだろうなあと思うと、なんだか感慨深い新年です。

IMG_4160_ss.jpgのサムネイル画像


11月公開のジュリアン・オピーのふたつのプロジェクトのお手伝いをさせていただいています。

一つ目は昨日無事完成披露となった「瀬戸の都・高松 石彫トリエンナーレ2015」の公共彫刻の制作設置。高松城前跡をぐるりと囲む玉藻公園と大通りが面する素晴らしい立地にオピーの石の新作彫刻4点が設置されました。

作品は牟礼の和泉屋石材店、庵治美工の職人の皆さんの素晴らしい技術力をたよりに制作しました。
庵治、牟礼には制作の確認で何度も足を運びましたが、なんとも特別な空気を感じる素晴らしい創作の場所です。あのイサムノグチがこの地にアトリエを構え、制作に没頭したのもなんだかよく分かる、光と風と水、そして石に恵まれた土地と感じました。この土地の伝統技術の誇りをもって仕事されている職人の皆さんと仕事させていただくことは忘れがたい貴重な経験となりました。皆さんの忍耐強くも強力なサポートに心から感謝しています。

4点の作品は恒久設置の予定。高松市民の皆さんはもちろんのこと、国内外のアートを愛する旅人の皆さんにも是非見て楽しんでいただきたいと思っています。

tamamo_1_ss.jpg

DSC00765_ss.jpgのサムネイル画像

二つ目のプロジェクトは11/7、8の二日間、特別に公開されるGMOインターネットグループ代表の熊谷正寿氏のコレクションによるジュリアン・オピーの展覧会、『熊谷コレクション 〜オフィスとアートの新しい関係〜 ジュリアン・オピーの世界』
熊谷コレクションより見応えある約30点の作品が、美術館やギャラリーといった非日常の空間でなく、普段のオフィスに展示されている様子を鑑賞できるというこちらもユニークな企画。

少ない要素で最大を表現する、というオピーのスタイルと共通する「アートも経営もシンプルが一番」という熊谷氏のメッセージは、情報の溢れる混沌としたこの世界の中で一層リアリティを感じさせます。
オピーの初公開の新作を含む熊谷コレクション展、こちらも多くの方々に見ていただければ嬉しいです!

_MG_1289n+ のコピー_ss.jpg

北鎌倉

April 12, 2015

名残の桜。
P1030176_ss.jpg

東慶寺にお墓参りにいっていました。

P1030161_ss.jpg

円覚寺の庭もたおやかな春の様相。

P1030180_ss.jpg

地ビール「北鎌倉の恵み」美味しい。
さすがサンクトガーレン。

P1030179_ss.jpg



Profile

久保田真帆(クボタ・マホ)

MAHO KUBOTA GALLERY ディレクター。ジュリアン・オピー、安部典子、長島有里枝、ブライアン・アルフレッドほか、国内外のアーティストをリプリゼント。ビジュアルアートの範囲にとどまらず広義のカルチャーシーンとつながるギャラリーを目指しています。アーティストマネジメントのほか、パブリックアートプロジェクトや展覧会企画、コーポレート・コレクションのコンサルティングなど幅広くコンテンポラリーアートに関わる毎日。http://www.mahokubota.com

Calendar

« 2017年9月 »
SunMonTueWedThuFriSat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly