1 April, 2016
the monthly e-mail news maybe!
facebook 公式ファンページ tgopressをフォローしましょう


画像が見れない方
こちらから

TRANSIT NEWS


2016年3月31日(金)、東急プラザ銀座にオーストラリア・シドニー発
モダンギリシャレストランTHE APOLLO グランドオープン!

 
TRANSIT NEWS
 

数々の賞を受賞しているオーストラリア・シドニー発のモダンギリシャレストラン「THE APOLLO (アポロ)」が2016年3月31日(木)、
『東急プラザ銀座』の最上階11階にグランドオープン。

新鮮な食材を活かし、オリーブオイル、新鮮な野菜や魚介類をたっぷり使ったヘルシーなギリシャ料理は太陽の光が降り注ぐ中、ワインを飲みながらゆっくりコミュニケーションする食のライフスタイルとして世界無形文化遺産に登録されているインターナショナルフードです。オーナーのSamとオーナーシェフのJonathanの手がける「THE APOLLO」は、ギリシャ料理をモダンにアレンジし、ロングカウンターが特徴的なシンプルでクールなインテリアの中、シェアしながらコミュニケーションを楽しむライフスタイルを提案。2012年にシドニーでオープンしてから「The Australia Hot 50 restaurants」を3年連続受賞し、4年連続「Australia gourmet traveller」 トップ100に選ばれるなどオーストラリアの人々を虜にし、ハリウッドスターやモデルたちからも支持される人気店です。今回日本では、本国のメニューの他、ラムを始めオージービーフや和牛などの炭火焼もバリエーション豊かに提供いたします。
オーナーであり、ソムリエのSamがセレクトしたワインはシンプルで素材の味を活かしたギリシャ料理にぴったりのぶどう本来の味を活かしたナチュラルワインを中心に120本セレクト。また、フレッシュフルーツを使ったシドニーでもおなじみのオリジナルカクテルも登場します。

THE APOLLO
ギリシャ系オーストラリア人である、オーナーのSamとシェフのJonathanによって2012年、オーストラリア・シドニーでスタートしました。「THE APOLLO」のインテリアはシンプルで静寂に包まれた中に強さがあり、ロングカウンターが特徴的です。食事をシェアしながらコミュニケーションを楽しむ「THE APOLLO」では、BOXに入ったピタブレッドにタラマディップをつけて食べる"タラマサラータ"やフェタチーズとオリーブオイルを使った"グリークサラダ"、ギリシャヨーグルトにオリーブオイルとキュウリなどを加えたソースをつけて食べるラムショルダーなど、ギリシャ料理をさらにモダンに進化させています。

【THE APOLLO 店舗概要】
正式名称 :THE APOLLO (アポロ)
住 所 :〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目2番1号 東急プラザ銀座 11F
11F TOKYU PLAZA GINZA, 5-2-1, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
TEL :03-6264-5220
予約専用:03-3572-4200
営業時間 :11:00am-23:00pm (L.O.FOOD 22:00 / DRINK 22:30)
座席数 :180席(個室2室)
店舗面積 :458.72平米(138.76坪)
経営・運営 :株式会社 APOLLO JAPAN
URL :http://theapollo.jp 

THE APOLLOのリリースはこちら


「東急プラザ銀座」パブリックスペース 6階「KIRIKO LOUNGE」に、
銀座「六雁(むつかり)」監修の「数寄屋橋茶房」、
屋上「KIRIKO TERRACE」にカフェスタンド「櫻ノ茶屋」グランドオープン!

TRANSIT NEWS
 

銀座最大級の大型商業施設「東急プラザ銀座」が、2016年3月31日(木)に誕生。
「Creative Japan〜世界は、ここから、おもしろくなる。〜」というコンセプトを掲げた施設は、6階と屋上に施設のシンボルとなるパブリックスペースが設置され、併設するカフェ2店舗は、ともに、トランジットジェネラルオフィスがプロデュース・運営を手がけます。

約27mの大吹抜け空間が特徴の、6階パブリックスペース「KIRIKO LOUNGE(キリコラウンジ)」には、銀座の名店「六雁(むつかり)」が監修した、こだわりのモダン和食を銀座数寄屋橋の景色を眺めながら手軽に楽しめるカフェ「数寄屋橋茶房」がオープンします。

銀座に居を構える「六雁(むつかり)」の総料理長である秋山能久(あきやま よしひさ)氏が料理を監修する数寄屋橋茶房では、色とりどりの「野菜の万華鏡」や、鶏ひき肉や野菜を使った「煮こごり」、牛丼の常識を覆す赤ワインの酢飯を使った「牛丼の新しいかたち」など、味はもちろん見た目も美しいメニューをご用意します。和の素材を使ったオリジナルカクテルや、ビール、ワインなどのアルコール類も提供。伝統と革新が結う五黄したモダン和食を開放的なカフェスペースでお楽しみお楽しみいただけます。
ランチには、4種のセットメニューが登場。食の街、銀座の大人を満足させる「数寄屋橋茶房」オリジナルメニューをその日の気分に合わせてお選びいただける他、これまで「六雁」でしか手に入らなかった名物の「白いマカロン」が「茶房の三甘味」にてお楽しみいただけます。また、コーヒーやパウンドケーキなどテイクアウトの他、オリジナルグッズも展開し、銀座らしい粋なお土産をご購入いただけます。

【数寄屋橋茶房 店舗概要】
正式名称 :数寄屋橋茶房
住 所 :〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目2番1号 東急プラザ銀座 6F 「KIRIKO LOUNGE」内
TEL :03-6264-5590
営業時間 :月-土 11:00am-23:00pm (L.O.FOOD 22:00 / DRINK 22:30)
      日、祝 11:00am-21:00pm (L.O.FOOD 20:00 / DRINK 20:30)


TRANSIT NEWS
 

開放的な空間にグリーンウォールと桜の木を配置した「GREEN SIDE」と、広い水盤が特徴の「WATER SIDE」の2つのゾーンで構成される屋上のオープンテラス「KIRIKO TERRACE(キリコテラス)」には、和の食材を使った“ジャパニーズフライドポテト”や“京都宇治ほうじ茶ソフトクリーム”など、銀座の新名物となるメニューをスタンドスタイルで提供するカフェ「櫻ノ茶屋」がオープンします。

「櫻ノ茶屋」では、“茶屋”をモチーフにし、和の素材を使ったオリジナルディップで楽しめる“ジャパニーズフライドポテト”をメインに“京都宇治ほうじ茶のソフトクリーム”などの甘味も提供するカフェスタンド。
フライドポテトは、北海道十勝産のジャガイモを使用し、国産こめ油を使った揚げ油や、昆布茶をブレンドした塩など、素材にもこだわり、オリジナルディップは定番の「岩のり柚子こしょうマヨネーズ」など、全6種の中からお好きな味をセレクトいただけます。その他、和風のサンデーや、ポテトに合わせるビールやカクテルもご用意。都会の中心でありながら緑溢れる開放的なルーフトップで、昼夜問わず気軽にお食事をお楽しみいただけます。

【櫻ノ茶屋 店舗概要】
正式名称 :櫻ノ茶屋
住 所 :〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目2番1号 東急プラザ銀座 RF 「KIRIKO TERRACE GREEN SIDE」内
TEL :03-6264-5431
営業時間 :11:00am-21:00pm
※屋上の解放時間は施設スケジュールにより変更になる場合がございます。
※雨天、荒天および冬季は休業を予定しております。

数寄屋橋茶房・櫻ノ茶屋のリリースはこちら

 
  このメールニュースは、これまで私た ちが名刺交換させていただいたクライアント、広告代理店、メディア、制作ネットワークならびにtransit webから購読申し込みをされた方々へ送らせていただいております。お手数ですが本メールの送付を希望されない場合は左記のリンクにて解除お願い致します。