14 April, 2016
the monthly e-mail news maybe!
facebook 公式ファンページ tgopressをフォローしましょう


画像が見れない方
こちらから

TRANSIT NEWS


TRANSIT NEWS

 
TRANSIT NEWS
 

越後湯沢〜新潟間を走る上越新幹線に現代アートを新幹線で移動しながら鑑賞できる世界最速美術館、最高速度210kmで走る「現美新幹線」が運行スタートする。
通常座ったままの新幹線が回遊してアートを楽しむというコンセプトに。上越新幹線の越後湯沢から新潟の間で土・日曜、祝日を中心に1日3往復計6本のダイヤで年間120日程度運行を予定している。総合プロデュースを担当したのは、TRANSIT GENERAL OFFICE、中村貞裕・岡田光。レストラン列車「TOHOKU EMOTION」に続く東日本旅客鉄道との2つ目の鉄道プロジェクトとして、乗ること自体が旅行の目的となるような魅力的な列車作りを考え、いままでの列車の空間デザインの枠を越えた旅の時間を体験できる列車としてプロデュースを行った。

現美新幹線のエクステリアデザインを担当したのは写真家で映画監督の蜷川実花。列車全体をキャンバスに見立て、夏の夜空を彩る長岡の花火が描き出された。濃紺を基調にカラフルな花火の写真に覆われた車体は新潟の田園風景を通りすぎると誰もが振り返る圧倒的な存在感を放つ。

“GENBI SHINKANSEN” is the world’s fastest art museum, capable of travelling at a maximum speed of 210km/h. It allows passengers to enjoy modern art while they are travelling on the Joetsu Shinkansen line which extends between Echigo-Yuzawa Station and Niigata Station.

Normally passengers sit in seats, but the aim of this special train is to allow them to walk around and enjoy art. It has been scheduled to run about 120 days annually, three round trips a day, for a total of six travels, mainly on Saturdays, Sundays, and holidays on the Joetsu Shinkansen line extending between Echigo-Yuzawa Station and Niigata Station.
The branding and creative direction is done by Sadahiro Nakamura and Hikaru Okada from TRANSIT GENERAL OFFICE. As the second railway project with East Japan Railway Company following the restaurant train “TOHOKU EMOTION”, and with the aim to create a train appealing to ride, they produced the train in a way that allows passengers to experience travelling beyond the boundary of conventional train space designs.

The exterior design of “GENBI SHINKANSEN” has been done by photographer and film director Mika Ninagawa. Using the entire body of the train as a canvas, she depicted Nagaoka fireworks, which showcases the summer night sky. The navy blue train body covered with colorful fireworks pictures gives off an unparalleled presence, making everyone look back at it as it runs through the rice fields of Niigata

 
TRANSIT NEWS
 

6両編成の車両は注目のアーティスト7組がこの列車のために製作した現代アートが各車両に展示されている。唯一の指定席11号車は松本尚が担当。五穀豊穣、祝祭、光をテーマに触れられるアートとして車両シート、車両カーペット、カーテンに至るまでデザインされている。12号車から16号車までは片側の窓をつぶし、完全にアートスペースに。12号車は鏡面ステンレスを用いた作品を小牟田悠介が制作。13号車の現代アートに直接触れることができるキッズスペースは林泰彦と中野裕介によるアートユニット、paramodelが担当。子供たちが自由に楽しめるプラレールが置かれ、青と白を基調とした壁面にはプラレールをモチーフにしたインスタレーションを設置。そして、同じく13号車には本格的なカフェが併設。
古武家賢太郎による上越の風景が描かれた色鉛筆画と共に、いがらしろみが監修した魚沼産米粉のバニラケーキ、佐渡バターフィナンシェ、佐渡クリームチーズのレモンケーキなど地元の素材にこだわったスイーツや新潟・燕三条で人気の「ツバメコーヒー」監修のコーヒーを提供している。14号車には写真家・石川直樹が新潟で撮影した「潟と里山」の写真作品が展示され、ゆったりとしたソファーに座りながら鑑賞できる。15号車には荒神明香による造花を用いた全長11mのインスタレーション「reflectwo」を設置。まっすぐに伸びたカラフルな花びらの水平線が繋がって見え、乗客を楽しませてくれる。最後の16号車はブライアン・アルフレッドによる新潟をモチーフにした15分間のアニメーション。新潟の地形、土地の豊かさなどを5つの液晶画面を使い表現している。

Modern art pieces exclusively created by seven teams of hot artists for this project are displayed on each car of this six-car train. Nao Matsumoto worked on car No. 11, which is the only car with seats that require reservations. Everything from the seats to the carpet to the curtains have been designed as touchable art under the theme of “a rich harvest of the five grains”, “festivity”, and “light”. All the windows on one side of cars No. 12 through No. 16 have been shut to set up an art space.
For car No. 12, Yusuke Komuta made art pieces using mirrored stainless steel,as their main theme. For car No. 13, an art unit by Yasuhiko Hayashi and Yusuke Nakano called “Paramodel” creates a kids space where they can directly experience modern art. Children can freely play with Plarail toys placed there, and a Plarail-themed installation has been installed into the wall which uses blue and white as its main colors.
Car No. 13 also features a fully-equipped café. There you can enjoy the colored pencil drawings of the sceneries of Joetsu by Kentaro Kobuke. It also serves confectioneries made with local ingredients and directed by Romi Igarashi such as Uonuma-grown rice powder vanilla cake, Sado butter financier, and Sado cream cheese lemon cake, as well as coffees directed by “Tsubame Coffee”, a popular coffee shop in Tsubame-Sanj?, Niigata. On car No. 14, pictures of “Kata to Satoyama” by photographer Naoki Ishikawa that are taken in Niigata are displayed, and you can enjoy them while relaxing in comfortable and spacious sofas.
On car No. 15, there is an installation with a total length of 11m titled “reflectwo”, made by Haruka Kojin using imitation flowers. The straight horizontal line created with colorful flower petals entertains passengers. Lastly, car No. 16 features a 15-minute animation by Brian Alfred themed on Niigata. Using five liquid crystal screens, it showcases the geography, rich soil, and other elements of Niigata.

「現美新幹線」
上越新幹線(越後湯沢、浦佐、長岡、燕三条、新潟)
席数は全107席(カフェ除く) うち 指定席23席。
www.jreast.co.jp/genbi

ARTIST
EXTERIOR_Mika Ninagawa / Photographer_Film Director
CAR No.11_Nao Matsumoto / Artist
CAR No.12_Yusuke Komuta / Artist
CAR No.13_Paramodel / Artist
CAR No.13_Kentaro Kobuke / Artist
CAR No.14_Naoki Ishikawa / Photographer
CAR No.15_Haruka Kojin / Artist
CAR No.16_Brian Alfred / Artist

CREATIVE MEMBER
Produce : TRANSIT GENERAL OFFICE Sadahiro Nakamura
Graphic Design : Naoyuki Suzuki(DIAGRAM)
Art Curation : MAHO KUBOTA GALLERY / SCAI THE BATHHOUSE
Pastry Direction : Romi Igarashi (Maison romi-unie)
Coffee Direction : TSUBAME COFFEE

リリース・画像はこちらから


【本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先 CONTACT】

株式会社 TRANSIT GENERAL OFFICE PR
担当:松波 Matsunami・榎本 Enomoto
E-mail: tgo-pres@transit-web.com/TEL:03-6826-5660


TRANSIT NEWS

 
TRANSIT NEWS
 

THE THEATRE TABLE / THE THEATRE COFFEEはおかげさまで4月26日(火)で4周年を迎えます。4周年を記念して4月25日(月)から5月1日(日)までの間、ANNIVERSARY WEEKを開催!ANNIVERSARY LUNCHでは、ランチメニューで提供する「桜えびと春キャベツのスパゲッティ」や「タケノコと生ハムのクリームソースペンネ」、「イトヨリとアサリのアクアパッツァ」が40%OFFになるスペシャルなイベント!また、ラテアートワールドチャンピオンを輩出したコーヒースタンドTHE THEATRE COFFEEでは、4周年オリジナルラテアートでご提供するほか、ANNIVERSARY DRINKとして、ビールや、ワイン、シアターラテがディスカウント!日頃の感謝の気持ちが詰まったANNIVERSARY WEEKをTHE THEATRE TABLE / COFFEEで堪能してみて!

THE THEATRE TABLE
THE THEATRE COFFEE


TRANSIT NEWS TRANSIT NEWS

DOMINIQUE ANSEL BAKERYでは2016年4月1日(金)から4月30日(土)までの間、春のスペシャルメニューが登場!今回の春メニューでは、桜の形がかわいらしい、ほのかな桜風味のするアーモンドクリームを使用した、この時期でしか味わえない「SAKURA BOSTOK」や、初夏を先取りした沖縄パイナップルジャムとミルクガナッシュ、ほのかな酸味が効いたサワープラムシュガーを使用した「CRONUT®」のほか、大人気のマシュマロの花が咲く「花咲くホットチョコレート」をご用意しました。春のうららかな気候と共に、SAKURA SWEETSを堪能してみて!

DOMINIQUE ANSEL BAKERY
東京都渋谷区神宮前5-7-14
1階 / 2階 10:00-19:00
03-3486-1329

Glorious Chain Caféでは2016年4月4日(月)から、春の暖かな陽気と共にスペシャルな春メニューが登場!赤身と脂身のバランスが絶妙な希少部位「カイノミ」を使用し、チーズの入ったパン粉で揚げた「ビーフカツレツプレート」や、大きく粗挽きしたリッチな食感の豚ひき肉と野菜のカレーに、ポーチドエッグとたっぷりチーズをのせて焼き上げたグラタン風のキーマカレー「粗挽き焼きキーマカレー」をご用意!また、春にぴったりのドリンクメニューも登場!この機会にGlorious Chain Caféの春メニューを堪能してみて!

Glorious Chain Café
Glorious Chain Café 渋谷
Glorious Chain Café 心斎橋


TRANSIT NEWS TRANSIT NEWS

MAX BRENNERでは2016年4月1日(金)より、大人気のチョコテールシリーズに新たに3種類がラインナップ!コクのあるミルクチョコレートにトフィーソースと海塩をトッピングした甘味と塩味が絶妙な「ソルトキャラメルチョコテール」や、ホワイトチョコレートガナッシュにビターなエスプレッソを加えた「エスプレッソチョコテール」、以前販売し、大人気だったメニューがついに通常メニューとして復活した「ホワイトチョコレートグリーンティーチョコテール」などをご用意。新たなチョコテールをMAX BRENNERで是非試してみて!

MAX BRENNER 表参道ヒルズ店
MAX BRENNER 東京ソラマチ店
MAX BRENNER 広尾プラザ店
MAX BRENNER ルクア大阪店

UA BARでは2016年4月15日(金)から4月24日(日)までの間、UA BARでしか飲めない限定ビール「HIP HOP BROWN ALE」が登場!伝統を重んじつつ、新しい発想で個性豊かなクラフトビールを造り続けている「Baird Brewing(ベアードブルーイング)」と、創業25周年を迎えるユナイテッドアローズとの共同企画で生まれた「HIP HOP BROWN ALE」は、3種のホップを使用した華やかでフレッシュなキレのある味わいが楽しめ、弾けるホップとモルトの深みが堪能できます。この期間だけ味わえる限定のビールを是非試してみて!

UA BAR
東京都渋谷区神宮前3-28-1 ユナイテッドアローズ 原宿本店メンズ感1階
月 - 土 11:00-23:30
(L.O. FOOD 22:30 / DRINK 23:00)
日 11:00-20:00
(L.O.FOOD 19:00 / DRINK 19:30)


TRANSIT NEWS TRANSIT NEWS

虎ノ門ヒルズカフェでは2016年4月14日(木)から、ミシュラン一つ星レストラン「Chi-Fu」の東浩司シェフ監修のチャイニーズBBQが今年もスタート!開放的なテラス席で味わえる今回のチャイニーズBBQは、中華風味噌と、ネギ塩ゴマだれで味付けした豚肉が楽しめる「PORKコース」や、牛タンと牛モモ肉を山椒レモンと、ゴボウの風味が効いたオイスターソースで楽しめる「BEEFコース」をご用意!両コース共に付いている〆のごはん「焼きおこげのリゾット」は絶品!会社帰りや、お買い物帰りに手ぶらでBBQを堪能してみて!

虎ノ門ヒルズカフェ
東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ 森タワー2階
平日 8:00-23:00
土日祝 8:00-22:00
03-6206-1407

SOHOLM CAFEでは2016年4月8日(金)より、暖かくなってきた季節と共に大人気のBBQプランが復活!SOHOLM CAFE自慢のミートボールはもちろん、ヘルシーな豚として定評のあるホエー豚のベーコンや、季節の野菜を盛り込んだランチBBQのほか、今年から栄養価の高い鹿肉を使用したソーセージを味わえるなど、去年と比べてグレードアップしたBBQが楽しめます。また、ビア缶を使用し、一羽丸ごとグリルして食べられる「ビア缶チキン」が登場!BBQをご注文のお客様はフリードリンクのオプションも選べるので、気の合う友達や家族とBBQはいかが?

SOHOLM CAFE
神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-1 テラスモール湘南 湘南ヴィレッジゾーン ACTUS 2階
10:00-21:00(L.O.20:30)
0466-38-2151


TRANSIT NEWS TRANSIT NEWS

ALL DAY COFFEEでは2016年4月16日(土)より、オープン3周年を記念したオリジナルグッズが期間限定販売!今回のオリジナルグッズは、ALL DAY COFFEEで爆発的大人気を誇るオリジナルフラットケースの新色「ライトデニム」が登場!ジャケットや、薄手のコートにも合わせやすい春色のカラーはオールラウンドで活躍できること間違いなし!また、11インチのmac bookがすっぽりと入る大きさは、パソコンケースとしても使えるのでプライベートの場面でも、仕事の場面でも自分好みに使い分けてみて!

ALL DAY COFFEE
大阪府大阪市北区大深町4-1 グランフロント大阪 うめきた広場B1F
10:00-22:00(L.O.21:30)
06-6359-2090

DOWNSTAIRS COFFEE OSAKAでは2016年4月16日(土)から、OPEN 3周年記念メニュー第1弾として、スペシャルなラテが登場!やさしい甘さと、コクのあるハチミツ、爽やかなレモンチョコレートが入った今回のラテは、ほんのり甘くてレモンの酸味が心地よい味わい。添えてあるココアクッキーのほのかな苦みがアクセント!暖かな春の訪れを爽やかなBee My Honey Latteで感じてみては?

DOWNSTAIRS COFFEE OSAKA
大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル1階
9:00-22:00(L.O.FOOD / DRINK 21:30)
06-6359-1780


TRANSIT NEWS TRANSIT NEWS TRANSIT NEWS

 
     
  TRANSIT NEWS TRANSIT NEWS TRANSIT NEWS  
     
   
 

【外資系ファッション企業】 ファッション雑貨 ブランドマネージャー【外資宝飾ブランド】 VMD【国内ファッション関連】 人事・総務・経理【国内コレクションブランド】 企画アシスタント【国内レディスブランド】 リテール営業【ファッション系広告代理店】 デジタルマーケティングプランナー【外資系大手飲料】 経営企画【外資ラグジュアリーブランド】 レディスMD【外資系ファッション】 人事採用担当【国内セレクトショップ】 レディスデザイナー【大手セレクトショップ】 カフェ店長/メニュー開発
【外資系ファッション】 PR担当【国内セレクトショップ】 レディスVMD【国内アパレル企業】 人事【外資系ラグジュアリーブランド】 販売スタッフ【仏発EC関連企業】 MD/バイヤー【外資化粧品】 トレーナー【日本発オンリーショップジュエリーブランド】 販売スタッフ【国内大手アパレル】 レディス生産管理【国内コレクションブランド】 企画アシスタント【外資系投信投資顧問】 シニア年金・機関投資家営業担当【外資系投信投資顧問】 投信営業

 
 

 
 
 
 



 
   
   
  ■FOR RENT: kurkku home ,代々木VILLAGE 撮影ロケ&イベント随時受付中!詳細はこちら
PORTAL POINT 拡大リニューアルオープン!スモールオフィス入居者募集中!詳細はこちら
青山、原宿、九段下にてオフィス内覧予約受付中!各物件募集詳細はこちら
※都心エリアを中心にデザイナーズ物件がラインナップ 表参道 / 青山一丁目 / 原宿神宮前 /中目黒 / 恵比寿 /新宿 /四谷 /九段下

  このメールニュースは、これまで私た ちが名刺交換させていただいたクライアント、広告代理店、メディア、制作ネットワークならびにtransit webから購読申し込みをされた方々へ送らせていただいております。お手数ですが本メールの送付を希望されない場合は左記のリンクにて解除お願い致します。