31 Oct, 2017
the monthly e-mail news maybe!
facebook 公式ファンページ tgopressをフォローしましょう


画像が見られない方
こちらから

TRANSIT NEWS


日本初の“ごみゼロ”を目指す徳島県上勝町で
トランジットジェネラルオフィスがプロデュースする2つのプロジェクトが始動


TRANSIT NEWS

英国の現代美術最高峰・ターナー賞受賞の建築家集団ASSEMBLEがタワーを建築設計!
マイクロブリュワリー「RISE & WIN Brewing Co. 」の第2醸造施設が完成


TRANSIT NEWS

 

徳島県上勝町で2015年に創業したクラフトビールブランド「RISE & WIN Brewing Co. 」の第2醸造施設「KAMIKATZ STONEWALL HILL CRAFT & SCIENCE」が、2017年10月10日にグランドオープンしました。ここはビールの本格生産拠点として始動するほか、個人&法人向けプライベートビールを保管する「オーナーズ・バレルルーム」、囲炉裏を囲みながらプライベートビールの試飲ができる「インディゴタワー・テイスティングサロン」、酵母の培養や貯蔵保管をする部屋「イーストカルティベーション・ラボ」と、まさに“CRAFT & SCIENCE”がつまった複合施設です。

上勝町は、人口1,699人・高齢化率約50%(2016年時の統計より)という過疎化が進む町です。この町では“持続可能な地域社会” をミッション・ ステートメントに掲げ、2003年 9 月に日本で初めてゼロ・ウェイスト宣言を行い、2020年までに焼却や埋め立てゴミをなくすという日本初の試みに向けて町民全員が取り組みに参加しています。

「KAMIKATZ STONEWALL HILL CRAFT & SCIENCE」の建築設計は上勝町が掲げるゼロ・ウェイスト理念に見合うように、古い製材所のリノベーションをベースにしています。全体プロデュースをトランジットジェネラルオフィスが担当し、施設のシンボルでもある「インディゴタワー・テイスティングサロン」の建築設計は2015年イギリスの権威ある現代美術賞のターナー賞を受賞したイギリスの建築家集団ASSEMBLE(アセンブル)が手がけました。イギリスで活躍するASSEMBLEにとっては、初となる海外プロジェクトでもあります。世界的に注目を集める若きクリエイターも加わって完成した「KAMIKATZ STONEWALL HILL CRAFT & SCIENCE」は一般の見学も可能です(要事前予約制、webにて予約受付)。


TRANSIT NEWS

■インディゴタワー・テイスティングサロン
2017年2月に上勝町などをリサーチで訪れたASSEMBLEからの提案によって誕生した「インディゴタワー・テイスティングサロン」。ヨーロッパでよく見られるボトルキルン(レンガ積みの窯)からインスパイアされたフォルムが特徴で、徳島の藍染からのインスピレーションもあり、外壁は1・2・3回と塗り回数を変えることで色の濃度に変化をつけた藍染で仕上げています。室内には、上勝町で自給自足の生活をしている中村修さん手製の囲炉裏を設置。火を囲みながらビールの試飲ができます。囲炉裏用の木製椅子は、町の人に習いながらASSEMBLEのメンバーがノミなどを使い、上勝町で自作したものです。


TRANSIT NEWS
 

■オーナーズ・バレルルーム
個人&法人向けに開始するバレルエイジド(木樽熟成)サービスのための部屋。好きなウィスキーやジンなどの樽を選んでバレルエイジドビールをオーダーできます。

■イーストカルティベーション・ラボ
ビール酵母の培養などを行う「KAMIKATZ STONEWALL HILL CRAFT & SCIENCE」の母体ともいえる部屋です。

■ブリュワリー
ポートランドの醸造設備メーカーに特注した製造タンクを導入。年間生産量約110KLを誇る。

■パレットソファエリア
廃棄されるはずだったパレットなどを再利用した来客用ソファスペース。ビール片手にくつろげます。


About ASSEMBLE

ASSEMBLE(アセンブル)は、15人のメンバーによって2010年に結成された建築家集団です。2015年、気鋭のアーティストを賞することで知られるイギリスの現代美術賞のターナー賞を受賞。建築プロジェクトが現代アートの最高峰と言われているターナー賞に輝いたことは大きな話題となりました。受賞の対象となったのはリバプールのスラム街再生プロジェクトで、地元住民とともに廃材を活用してワークショップで作ったプロダクトはオンラインでも購入可能。利益は街の再生に活用されるというこの取り組みのように、アート、デザイン、建築などジャンルを超えたASSEMBLEのアクチュアルな活動に注目が集まっています。


PROJECT MEMBER

プロデュース :  TRANSIT GENERAL OFFICE 中村貞裕  岡田 光
建築設計:  ASSEMBLE アダム・ウィリス  アリス・エジャリー  ジェイム・ビニング
建築設計協力: 堀江建築設計事務所 堀江康介
インテリアデザイン : WRAP 建築設計事務所 今瀬健太
ロゴ&グラフィックデザイン :  TRANSIT CULTURE CLUB 石川淳一 
運営 :  株式会社スペック


施設概要

名称 : KAMIKATZ▲STONEWALL▲HILL▲CRAFT▲&▲SCIENCE (▲は半角アキ、以下同 )
よみ : カミカツ▲ストーンウォール▲ヒル▲クラフト▲アンド▲サイエンス
住所 : 徳島県勝浦郡上勝町生実東戸越 84-1
電話番号 : 0885-45-0688 (RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store)
公式サイト : http://www.kamikatz.jp ※見学等は要事前予約。Webにて受け付けています


 
 
 

TRANSIT NEWS

ごみ排出ゼロ(ゼロ・ウェイスト)を目指す徳島県上勝町で、2019年春の完成に向けて始動
ゴミステーション、ラボラトリー、体験型宿泊、ビジネススクール機能も備えた施設「WHY」

TRANSIT NEWS
 

Why, Why, Why, but Why?

 

企業ブランディングの父、J・ゴードン・リッピンコットが唱えた「計画的陳腐化」 とは、
「完全に使えなくなくなる前に、自ら進んで手放そうとする傾向」を人々に植付け、
消費活動をより拡大させるものでした。

たとえば、短期間でニューモデルを投入することで既存モデルの陳腐化を促し、
買い替え需要を生み出していくというマーケティング手法もそのひとつです。

これは人類が生まれもった最も古い法則の一つ、「倹約の法則」に反していますが、
先進国および新興国ではより助長されているのが現状です

なぜ、現代を生きる人々は、このようになってしまったのでしょう?
それを学ぶ場所が、今こそ必要ではないでしょうか?

教育とは、社会貢献です
学んだ知識や技術の力を人のために役立てる喜びがあるから我々は勉強するのです。

 

トランジットジェネラルオフィスがプロデュースする
ゼロ・ウェイスト・センター「WHY」は、それを学ぶ場所です

 

 

徳島県上勝町は人口1,700人に満たず、かつ高齢化率約50%(平成28年1月1日現在)と過疎化が進む四国一小さな町です。この町は、平成15年9月に、未来のこどもたちにきれいな空気や美味しい水、豊かな大地を継承することを目的とし「ごみゼロ(ゼロ・ウェイスト)宣言」を日本で初めて発表しました。それに伴い、町人自らが34の項目ごとにゴミを分別するなど独自の活動を行ってきました。その取り組みを視察するために、年間約2600人が国内外から訪れています。

そのゼロ・ウェイスト活動の拠点である「ごみステーション」は設置から20年以上が経過。視察者の増加に伴い、彼らにもっと深く上勝町のゼロ・ウェイストに対する取り組みを見せる工夫は出来ないかという要望に応えるべく、プロジェクトチームが発足されました。トランジットジェネラルオフィスは、このプロジェクトの総合プロデュースを担当しています。

なぜ、今? なぜ、ここに? なぜ、我々が? なぜ、ゴミを? 
という問いかけに対する答えを見つける場所となるような思いを込めて、この施設の通称を「WHY(ワイ)」にしました。また施設全体を上空から見ると「?」の形状に似ていることにも由来します。新施設には、ごみの中間処理施設のほか企業や大学関係者向けの研究ラボ、視察者向けの宿泊体験施設、年数回行われる予定の(仮称)サスティナブルビジスネスクールの教室兼、上勝町民の為のマルチファンクションルーム、リメイク&リユーズを推奨するパーツセンターなどを併設。
建築設計は、中村拓志&NAP建築設計事務所。大量消費・大量生産社会の次の建築を目指し、地域で伐採された杉材や不要になった建具や家具などを活用して設計しています。


施設概要

完成予定日 : 2019年3月
住所 : 徳島県勝浦郡上勝町大字福原字下日浦94番地4
プロデュース : TRANSIT GENERAL OFFICE
建築設計 : 中村拓志&NAP建築設計事務所
事業スキームアドバイザー : 株式会社トーンアンドマター
現地コーディネーター : 一般社団法人 地職住推進機構      
事業主体 : 上勝町
公式サイト : http://why-kamikatsu.jp


<本件に関する取材のお問合せ>

RISE & WIN Brewing Co.  PR(株式会社 TRANSIT GENERAL OFFICE)担当 : 村田・松波
Mail : tgo-press@transit-web.com TEL : 03-6826-5660