TRANSIT GENERAL OFFICE INC.

INTERVIEW 03

明確な目標を立て、努力を重ね、
チャンスを掴むバイタリティ

Naoya Akagawa / Barista

――― バリスタのアルバイトとして入社し、その後世界大会で2位に輝くなど、順調にステップアップを重ねてきた赤川直也さん。自分の努力次第でやりたいことにチャレンジできるトランジット ジェネラル オフィス(以下:トランジット)だからこそ実現できた、彼の経歴に迫りました。

元々、バリスタを志望してチェーンのカフェでアルバイトしていた赤川直也さん。ちょうどSNSが流行し出した頃で、ネットにアップされるコーヒーの写真を見て、自分でもできるのではないかと思ったのがきっかけでした。そのうち、ラテアートに挑戦したいという気持ちが強くなり、本格的なマシンがあるカフェを探していた際に『THE THEATRE COFFEE』を紹介され、アルバイトとして入社しました。

3年目に社員となり、のちに店舗マネージャーに昇格。並行して新規店舗の開業事業にも関わり、ハンドドリップやサイフォンなどの技術も習得していきます。現在は本部に異動し、コーポレートバリスタに就任。新規店舗のコーヒーやマシンの選定、スタッフの研修などに加え、シェアロースターの導入など新規事業の導入を手がけています。

正解が見つけにくいバリスタの技術を磨くために

赤川さんの驚くべきところは、アルバイトの頃からラテアートのセミナーを自分で開いていたという積極性。そこでの経験は、トレーナーとしての成長にも繋がったそうです。バイタリティに溢れた彼は、明確な目標を立てることが大事だと語ります。

「入社した際に、4年間の目標を設定しました。1年目は知識や技術を習得する。2年目で人との繋がりをつくろうと思いました。自分で名刺をつくって、色々なカフェを巡って、ネットワーク構築を心がけました。また、この年からバリスタの大会に出場するようになりました。3年目は実績をつくることを目指して大会に出場し、世界4位になりました。結果として、4年目には世界2位になることができました。また、4年目には自分のお店を持つことを目標にしていたのですが、それは開業事業に携わることで叶えることができたと言えます」。

自宅で練習するために業務用エスプレッソマシンを購入するなど、自己投資することで自分にプレッシャーを与えるようにしていました。

「毎日練習して、出来をデータ化して反省するということを心がけていました。また、写真に撮ってSNSにアップするというのも習慣でした。他の人からの反響があるとモチベーションにも繋がるので」。

アルバイトからバリスタ世界2位にまで登りつめた彼の成功の秘訣は、正解が見つけにくいバリスタの技術を磨くために日々弛まぬ努力を重ね、それを的確にアウトプットしてきた点にあります。

コーポレートバリスタとしての働き

現在は本部でコーポレートバリスタを務める赤川さん。そこには、店舗のバリスタとは違った面白さがあると言います。主な業務内容は、新規店舗を開業する際に行うメニューの提案やマシンの選定です。レストランであればコーヒーが料理の雰囲気に合うように、そしてカフェであればコーヒーが引き立つように。そういった具合に、使用する豆やマシンも選んでいきます。

また、もうひとつ重要な仕事として、店舗バリスタのトレーニングがあります。コーヒーの淹れ方やマシンの使い方、メンテナンス方法だけでなく、原価計算や豆のロスの減らし方などもレクチャーしています。

「元々、自分の店を持つことを目標にしていましたが、カフェを運営することの大変さは、実際にやってみて知りましたね」。

豆の自社卸しに向けて

彼が手がけているもうひとつの事業は、シェアロースターによる自社焙煎。知人のカフェから焙煎機を共有して、自分たちで豆の焙煎をしないかという誘いが来たのがきっかけです。その話を、たまたま社内のフットサル部の活動の際に社長に提案したところ、正式にプレゼンすることに。チャンスを逃さぬように入念な準備を重ねてプレゼンを行い、無事採用されました。

「トランジットグループでは、それまで焙煎された豆を仕入れていたのですが、今では30%ほどの割合で自社焙煎の豆を使っています。今後、自社焙煎の豆を100%使って、自社卸しを実現したいと思っています。また、生産地の農園に出向いて、豆の選定も行いたいですね」。

目標を明確にし、自身のやりたいことを発信することで、ステップアップを重ねてきた赤川さん。彼のサクセスストーリーは、チャレンジできる環境が整っているトランジットだからこそ果たされたと言えるでしょう。

「自分のしたいことをするためには、ただ仕事をこなすだけでなく、仕事以外でもコミュニティを拡げて、しっかりきっかけを逃さないことが大切です。もちろん努力し続けることが必要ですが、そうすればチャンスを得られる環境がトランジットにはあると思います」。

Naoya Akagawa

2014年にトランジットジェネラルオフィスに入社し、渋谷ヒカリエ『THE THEATRE COFFEE』にてマネージャーとして活躍し、「コーヒーフェストラテアート世界選手権2016」で世界第2位を受賞。その後、本社に異動しコーポレートバリスタとして様々な店舗のコーヒーに携わり、2018年当社初となるオリジナルロースターカフェ『Little Darling Coffee Roasters』のマネージャーとして開業から携わり、各店舗の豆の焙煎を担当している。またカメラの腕前もあり、各店舗のメニュー撮影なども担当している。

JOB OFFERS

KEYWORD SEARCH

CONTACT

お電話でのご応募やお問い合わせは、こちらの採用電話窓口までご連絡ください

Tel : 03-6826-5665(受付時間:平日10~19時)